今なら1ヶ月無料で7,000万曲が聴き放題!!! Amazon Music Unlimitedはこちら!!

音楽も楽しめる超低遅延と空間表現がすごいゲーミングワイヤレスイヤホン!!! XROUNDの『AERO Wireless』レビュー

URLをコピーする
URLをコピーしました!

どうも。ディズ(@_MONOGREAT_)です。
今回は、音響マニアが作った物凄いゲーミングワイヤレスイヤホンが登場だ。

 

静かな夜に迫力のサウンドでゲームや映画を楽しむために、ヘッドホンや有線のイヤホンを使っている人も多いと思う。

このブログでも「HyperX Cloud Stinger Core Wireless」というゲーミングワイヤレスヘッドホンを紹介してきたが、ヘッドホンだと耳が蒸れたり、頭が痛くなることもあって、苦手な人もいることだろう。

 

それじゃあ、思い切ってワイヤレスイヤホンにしてみてはいかがだろうか?

 

そこで今回紹介するのが
XROUNDのゲーミングワイヤレスイヤホン「AERO エアロ Wireless」だ。

XROUND AERO

 

AERO Wirelessは、独自のゼロレイテンシーアルゴリズム「XROUND Low Latency™」によって、人に知覚できないレベルの超低遅延(50ms)を実現し、開発に1年半をかけたサラウンドアルゴリズム「XROUND Lite™」による立体感のある音で、足音や銃声の方向性をしっかりと聞き分けることができるゲーミングワイヤレスイヤホンだ。

まさに、ゲームのためのイヤホンで臨場感あるサウンドによってこれまで以上に楽しく快適にプレイできるだろう。
 

しかも、オプションのBluetooth トランスミッター「XT01」を使えば、PS4やPS5、SwitchにPCでも超低遅延で楽しめる。
これひとつで幅広い端末でサウンド環境を整えることができるぞ。

 

ということで今回は、XROUNDの新作ゲーミング完全ワイヤレスイヤホン「AERO Wireless」の実力に迫ってみる。

 

created by Rinker
エックスラウンド(Xround)
¥11,500 (2021/09/20 23:27:59時点 Amazon調べ-詳細)

 

XROUNDとは?

XROUNDとは、熟練の音響設計エンジニアと調律師、音響マニアが「サラウンド体験を再定義する」ことにこだわり抜いて作った台湾のオーディオブランド。これまで、コンパクトなサラウンドプロセッサ「XPUMP」、空気力学デザインの有線イヤホン「AERO」、完全ワイヤレスイヤホン「VERSA」を生み出していて、台湾をはじめ、日本や香港、アメリカ、シンガポール、中国など全世界で50万人に愛用されている。


 

映画をいつでも1000円で観る方法はこちら
CONTENTS

XROUNDゲーミングイヤホンAERO Wirelessレビュー
スペックとデザイン

XROUNDのパッケージは、こだわりのデザインでいつもおもしろい。

XROUND AERO の箱

 

今回は、パッケージをスライドさせると、音波が動いてるように見えるギミックが仕組まれていた。

XROUND AERO 箱の仕掛け

 

中までオシャレ。

XROUND AERO 箱の中身

 

セット内容はこんな感じだ。

XROUND AERO のセット内容
パッケージ内容
  • イヤホン本体
  • 充電ケース
  • 15cm USB-C充電ケーブル
  • 取扱説明書
  • Spinfit 可動式コンフォートイヤーピース S / M / L
  • 遮音イヤーピース S / M / L

VERSAと同じくSpinfitとコラボしたイヤーピースが同梱されていて非常に充実しているセットだった。

 

主なスペック

モデル名AERO Wireless
Bluetooth®バージョン Bluetooth® 5.0
対応コーデック SBC / AAC
対応通信プロトコル AVRCP1.6 / HSP1.2 / HFP1.7 / A2DP1.3.1
ドライバー 6mmチタンコート
ダイナミックドライバー1基
周波数特性 20~20,000Hz
感度 103dB
インピーダンス16Ω
マイク片側 2MEMS
再生時間 イヤホン本体:6時間
充電ケース併用:24時間
充電時間 イヤホン:1時間
充電ケース:1時間
防塵防水等級イヤホンのみ IP54
重量 イヤホン片側4.2g / 充電ケース45.8g


 

created by Rinker
エックスラウンド(Xround)
¥11,500 (2021/09/20 23:27:59時点 Amazon調べ-詳細)

デザイン

XROUNDのロゴが彫られた収納ケースは、マッドな質感のプラスチック製だが、そこまでチープな印象は受けない。

XROUND AERO のケース

 

イヤホン込みで実測53gしかなく持ってみるとかなり軽い。
サイズは5.6×5.6×2.9cmで一般的な大きさだが、薄めに仕上がっているため、ポケットに入れても違和感なく持ち運べて携帯性は悪くない。

XROUND AERO を手に持ったときの大きさ

正面にはLEDインジケータ、背面にはUSB-Cポートが搭載。
LEDがあると、あとどれくらいで充電が必要か把握が簡単になるから好き。

インジケータの表示

○●●● 1~25%
○○●● 25~50%
○○○● 50~75%
○○○○ 75~100%


よーし、ケースオープン‼

XROUND AERO の中身

おぉ~!!! かっこいいぃ~!!!
めっちゃゲーミングっぽいデザインでテンション上がるね、これは!!

ほどよい磁力で浅めに収納されているから取り出しやすく、収納しやすい。

 

XROUND AERO のデザイン

なんだ。このデザインは…かっこよすぎるぞ。
スティック部分とか、だれだ、ここを斜めにカットしようなんて言ったやつ。

満点じゃないか、コノヤロウー!!!

 

このスティック部分とハウジング部分には、MEMSマイクを2つ搭載していて、通話時のノイズキャンセルを正確に行ってくれるらしい。

 

ちなみに、AERO WirelessにはIP54という防水・防塵性能が備わっているので、ちょっとした水程度であれば防いでくれる。
耐塵性能があるイヤホンって珍しいんだ。

IP54とは?

IP5xとは、ほこりにどれだけ強いのかを表した規格で、0~6までのレベルの中で2番目に強い性能だ。
防塵試験用粉塵(直径75μm未満)が入ったとしても所定の動作及び安全性を損なわないように保護されている。

IPx4とは、防水性能を示した規格で、0~8までのレベルがあり、中間レベルの防水性能である。
製品に対するあらゆる方向からの水の飛まつに対し保護されている。

 

 

XROUND AERO のインジケータ

重さは片側で4gで、ワイヤレスイヤホンとしては軽量級だ。

Ⅹのラインには、実はLEDが隠されている。
使用中はオレンジ色にゆっくり点滅してゲーミング感を出してくるぞ。

  

いざ、装着っ!!!!
耳からの飛び出しはほとんどないし、見た目も良い感じだ!!!
遮音イヤーピースをつければ、耳の穴にしっかりとはまって簡単には取れない。

このスティックの部分は、スワイプで音量を変更できたり直感的な操作ができるタッチパネルになっている。

 

XROUND AERO の操作

 

スワイプやタッチの反応は非常に良くストレスなく反応してくれる。この操作は専用アプリによって変更できるから、それぞれ好きに設定しよう。

 

ちなみに、音量調節の幅が少し広く、3回に1回くらいスマホの音量を上げても変わらないときがあったが、まぁ操作に影響はなしだ。

 

操作効果
左側を2秒長押しサラウンドオン/オフ、着信拒否
右側を2秒長押しゲーミングモードの切り替え、着信拒否
2回タップ再生/一時停止受話/終話
左側上/下にスワイプ前曲に戻る/次曲へ進む
右側を上/下にスワイプ音量を上げる/下げる


XROUND AERO のノズル

AERO Wirelessは、単体で6時間、 ケース併用で最大24時間使用することができる
6時間も連続で使えるなら、ライトユーザーなら十分だろう。

 

しかし、AERO Wirelessはゲーミングイヤホンだ。

本当に6時間で足りるのか?昼からゲームを始めても夕方には切れてしまう。
うーむ。正直ヘビーユーザーにはちょっと不満ではなかろうか。

欲を言えば10時間は欲しかったところだ。

まぁ1時間でフル充電できるので、少し食事休憩でもすれば、再び6時間イケるから許容範囲かな。

 

 

付属のイヤーピースには、VERSAと同じく2種類のイヤーピースが入っていたぞ。

XROUND AERO Spinfit可動式コンフォートイヤーピース
Spinfit 可動式コンフォートイヤーピース

Spinfit独自の可動3Dクッション構造に高品質シリコンを組み合わせ、全体がバネのように柔らかく動いて、付け心地が軽いのが特徴。

XROUND AERO オリジナル遮音イヤーピース
オリジナル遮音イヤーピース

フラットデザインの硬度の高いシリコンがすき間をしっかり塞いで遮音、深みのある豊かな低音が特徴。

 

個人的には、Spinfit 可動式コンフォートイヤーピースが付け心地が軽く耳にフィットするので好きだ。そのかわり遮音イヤーピースに比べると少し音が軽くなり、中高音域を重視する人向けな音質になる。

オリジナル遮音イヤーピースの場合は、全体的に肉厚で硬めな設計になっていて、遮音効果が高く低音の迫力がかなり上がる。長時間つけていると、耳への負担も大きいが、重低音好きな人にはたまらないだろう。

 

created by Rinker
エックスラウンド(Xround)
¥11,500 (2021/09/20 23:27:59時点 Amazon調べ-詳細)

 スポンサーリンク

XROUNDゲーミングイヤホンAERO Wirelessレビュー
遅延と音質

AERO Wirelessは、XROUND独自の低遅延アルゴリズム「XROUND Low Latency™」と独自のチップファームウェア設計で、 AAC と SBC コーデックでも、50ms(0.05秒)という低遅延を実現し、遅延のない音声体験が楽しめる。

 

一般的なワイヤレスイヤホンは、動画だと映像と音のズレはほとんど感じなくても、ゲームではバックグラウンドでの処理が発生するため平均200ms(0.2秒)ほど遅延が発生する。
実際に、ぼくがこれまでレビューしてきたものも、動画ですら遅延が分かるものが多くあった。

 

ゲームにおいては、  タイミングの遅れ=死 となる場面も多く、これまでは本気で勝つためには有線でっていうのが常識だったのだが、最近では有線よりも早いゲーミングマウスの登場など無線が目覚ましい進化を見せてる。

ディズ

有線よりも速いって意味がわからんよねwww

 

今回のAERO Wirelessにしても、人間が知覚できる遅延のレベル(70ms)を超えた低遅延で、もはや人には観測不能なレベルに至っている。

 

ちなみに、50msの根拠として、外部の認証試験機構 Allion Labアリオン ラボ )ラボでの検証データも公開されており信頼性は極めて高い。
公開されたデータはこちら >> AERO完全ワイヤレス|実測レポート&遅延データ公開! ❰Part1 遅延の計測について❱

 

遅延を確かめてみた

ではでは、本当に人には分からないレベルなのか試してみることにしよう

XROUND AERO ミュージックモードとゲーミングモード

AERO Wirelessには、ミュージックモードゲーミングモードというデュアルモード方式が取り入れられている。
そこでCoD mobileの射撃場で、それぞれのモードを切り替えながら狙撃してみて、どのような違いがあるのかを検証してみた。

検証端末

使用端末:Pixel 4 XL
OS  :Android10

XROUND AERO とCoD Mobile

 

ミュージックモードの場合

銃を撃った瞬間から一瞬遅れて銃声が聞こえ、明らかな遅延が確認できた。

イメージとしては、
タンッ       (タップ)
       ダーン    (銃声)

って感じかな?タップとの間に一瞬だけ間があったが、ミュージックモードでもほかのイヤホンより速いように感じた。

ゲーミングモードの場合

結論から言うと、SBC/AACどちらのコーデックでも遅延を知覚できてしまった
目を閉じてタップと音に集中すると、ほんのわずかに遅れていることが分かる。

イメージとしては、
タンッ            (タップ)
    ダーン        (銃声)

って感じで、タップの指が離れるちょっと前くらいに音が鳴っている。
ただ、かなり集中しないと分からないレベルだし、ゲームプレイ中だと全く違和感を感じずに楽しめるから安心してほしい。

 

ちなみに、一般的なイヤホンの場合だと以下のようなイメージだ。

一般的なイヤホンの場合

タンッ       (タップ)
     ダーン  (銃声)

ズレが結構生じているのがよく分かる。

 

ついでに動画も見てみたが、こちらは全く遅延に気付けずに最後まで楽しめた。

遅延についての結論としては、ゲームでの遅延は知覚できないレベルではないものの、プレイには全く影響しないほどの低遅延を実現できており、快適にプレイできる性能だ。
リズムゲームも個人的にはいけると思うが、全く遅延がないわけではないので、そこが許せるか次第だろう。

 

音質

XROUND AERO のドライバー

AERO Wirelessには、6mmのチタンコート振動板を用いたダイナミックドライバーが1基搭載されている。
対応コーデックはSBC/AACのみで、今回はQualcomm社のチップを使っていないため、aptXやaptX LLには対応していない。

 

XROUND 3Dチューニング

XROUND独自の「3Dチューニング技術」と「XROUND Lite™」によって、音場が広く臨場感のある素晴らしい音質になっている。また、専用アプリ「XROUND My Tune」を使えば、イコライザーで自分好みの音に変更することもできるよ。

XROUND MyTune

XROUND MyTune

xround無料posted withアプリーチ

 

専用アプリ「XROUND My Tune」でできること
  • ミュージック / ゲーミングモード切替
  • 7バンドのイコライザー調節 (ミュージックモード時のみ)
  • 6シチュエーションのイコライザープリセット選択(モード関係なし)
  • XROUND Lite™のオン/オフ・レベル切替
  • タッチ操作のカスタム
  • ファームウェアアップデート


ミュージックモード

まずは基本のミュージックモードで音楽を聴いてみた。

XROUND AERO のミュージックモード

音質はフラットに近いドンシャリで、中音域の歌声が少し弱く低音にかぶっている場面もあるが、全体的には十分な音量が出ているので中がスカスカというほどではない。

高音域は、サ行が刺さるか刺さらないかギリギリのラインの音質で、曲によっては大音量で聴くのは厳しいときがあった。
聴いてるうちにエイジングされて高音域が少し落ち着いたが、傾向としては変わらないかな。

ただ、この高音域は、ハッキリとしてスピード感があるハイハットやシンバルに、バイオリンやフルートの伸びがある綺麗な音色で音抜けはいい
コントラバスやバスドラムの低音もしっかりとした響きで迫力をもたらしてくれる。

また、定位感が素晴らしくそれぞれの楽器の位置がハッキリとわかるので、音場がものすごく広く感じる。
リバーブがかかった音がわずかに感じるほどに、音が折り重なるように聴こえてきて臨場感があるので、目を閉じて音に集中すればその世界に没入できるだろう。ワイヤレスイヤホンでオーケストラを聴くなら、このイヤホンは相性がいいと思う。
 

 

ゲーミングモード


右耳を2秒間長押しするとゲームミングモードに移行する。
ミュージックモードでも触れたように、方向感が本当に素晴らしい。

AERO Wirelessには米国特許取得済みの技術「XROUND Lite™」が搭載されていて、バーチャルな音場が立体的に浮き上がり、広さと奥行きのあるサラウンド音声を作り出すことができるらしい。

実際にゲーミングモードに切り替えると、「XROUND Lite™」 のサラウンド効果によって、ミュージックモードよりもさらに奥行きが出るのがはっきりとわかった。

足音などの方向や距離がよく分かるので、これまで普通のイヤホンやヘッドホンを使っていた人は驚くことだろう。

 

とにかく音場の広さが段違いで、これぞまさにゲーミングワイヤレスイヤホンと言える性能だった。音質面も良く、低音をほどよく響かせてくれるから迫力あるサウンドでゲームに没頭させてくれるぞ。

 

それにゲームだけでなく、映画にも相性が良い
後ろから人が駆け抜けていくようなシーンでは、本当に横をすれ違ったような感じでよりリアルな映画体験ができたからぜひ使ってみてほしい。

created by Rinker
エックスラウンド(Xround)
¥11,500 (2021/09/20 23:27:59時点 Amazon調べ-詳細)

 

 スポンサーリンク

XROUNDゲーミングイヤホンAERO Wirelessレビュー
通話と接続性能

ワイヤレスイヤホンとして、見逃せないのが通話接続の性能だ。

 

通話はハンズフリーでスマホを出さずに話せるから、もし実用に耐えるなら、ものすごく便利。
接続は、駅などの電波が多く飛び交う場所で、音楽を途切れずに楽しむには、ある程度の性能がないと辛いものがある。

そこで、これらがどの程度の性能なのかを確かめてみた。

 

通話性能はスマホ並みだ

XROUND AERO のマイク

AERO Wirelessには、90度の角度をつけて搭載された2つのマイク(デュアルマイクアレイ)によって、雑音の発生源を特定して的確にノイズキャンセルできるそうだ

また、サイドトーン機能というものもついていて、通話時に自分の声がイヤホンから聞こえることで声が大きくならないようにできる。

 

なかなか期待できそうな機能だが、ワイヤレスイヤホンでは快適に通話ができるモノはまだまだ少ないから、今回も難しいのでは?
そう思っていたのだが…

なんと!!!
AERO Wirelessはスマホと同じくらい快適に通話できた!!!

 

通話音質は、若干こもってる感じもするが、十分にクリア。
そして、優秀なノイズキャンセルで、車がすぐ隣を走り去ってもほとんど会話の邪魔にならない。
さすがに車の音はするものの、音が小さく不快感はかなり少ないのには驚いた。

相手に気兼ねせずAERO Wirelessで話せるくらいかなり高い通話性能で、ついにワイヤレスイヤホンもここまできたかって感じだ。これなら、ウェブ会議やオンライン配信のヘッドセットとしても十分な性能を発揮してくれるだろう。

接続性能

続いて接続の安定性について検証してみた。
その結果がこちらだ。

検証内容XROUND
AERO Wireless
SONY
WF-1000XM3
audio-technica
ATH-CKS5TW
妨害影響範囲ゲーミングモード:4.3m
ミュージックモード:1.7m
3.4m1.7m
遅延感じない 少し感じる わずかに感じる
最大接続距離 ゲーミングモード:14.7m
ミュージックモード:18.9m
65m以上 50m以上
接続範囲どちらのモードも
「2階リビング→ドア→3m廊下→階段→ドア→7m廊下→ドア」
で途切れが発生
階を移動すると、
場所によっては途切れる
2階から庭先5mまで

 

 

検証の結果、AERO Wirelessの接続性能は、ゲーミングモードよりもミュージックモードのほうが良くなるようだが、最近のワイヤレスイヤホンと比べるとやや弱いようだ
家の中でワンフロア程度なら十分繋がっているので、つけたままトイレに行くぐらいは問題なくできるだろう。

ただ、最大接続距離が20mもないので、スマホから離れてスポーツするような使い方は難しいだろう。

 

created by Rinker
エックスラウンド(Xround)
¥11,500 (2021/09/20 23:27:59時点 Amazon調べ-詳細)

XROUNDゲーミングイヤホンAERO Wirelessレビュー
トランスミッターXT01 を使ってPS4で遊んでみた

AERO Wirelessは、オプションのトランスミッター『XT01』と組み合わせれば、PS4やNintendo Switch、PCなどでも幅広く使える。

XT01の様子

『XT01』は、ワイヤレス端末と接続するものなので他社製品でも接続できるし、2台の端末とつなげるモードもあって、友達とふたりで楽しめるようになる。

 

さっそくPS4に接続して楽しんでみた。
XT01はUSB-C端子なので、付属のコネクタを使ってPS4に接続だ。

XROUND AERO とPS4とXT01

PS4に挿したら、XT01の側面にあるボタンを長押しして、ペアリングモードにしたイヤホンを近づけるとペアリング完了だ。

 

さっそくAPEXで遊んでみたが、高さまで含めた方向性がバッチリ感じ取ることができて、かなりプレイしやすかった。

ディズ

ヘッドホンと違って耳は蒸れないし、頭は痛くないし、ワイヤレスは自由に動けるしで、やっぱり快適ですな。

 

肝心なサウンドもかなりの高クオリティだ。

例えばジャンプの効果音や銃の発砲音などの遅延もほとんど感じないし、ゲーム内の迫力あるエンジン音や爆発、斬撃が飛び交う金属音のような高い音まで忠実に再現してくれている。「XROUND Lite™」の空間表現は、まるでその場にいるかのような臨場感をもたらしてくれるぞ。

 

XROUND AERO オプション装着

PS4のほかにもSwitchやPCでも接続してみたが、同じように快適にプレイ可能で、これひとつで幅広く使えるのは大きなメリットだろう。

 

XROUND AERO のオプションマイク装着

ちなみに、XT01に付属している「3.5㎜ HD音声外付けマイク」をPS4のイヤホンジャックに挿せば、ボイスチャットも可能だぞ。

 

それとうれしかったのが、XT01には充電用のUSB-Cポートがついている

XROUND AERO とSwitch

これのおかげで、Switchで使うときにパススルー充電しながらプレイすることができるからバッテリーを気にする必要がないぞ。

 

 スポンサーリンク

XROUNDゲーミングイヤホンAERO Wirelessレビュー
据え置き型ゲームもワイヤレスで楽しもう

さて、最後にAERO Wirelessの特徴をまとめてみよう。

XROUND AERO イメージ
ここが良かった
  • 超低遅延
  • 圧倒的な空間表現
  • 音楽も楽しめる高音質
  • スマホ並みの通話性能
  • イヤーピースが2種類付属
  • オプションによって幅広い端末で使える
ここがイマイチ
  • ゲーミングで6時間駆動は短い

AERO Wirelessは、ゲーミングワイヤレスイヤホンだから、長時間プレイすることが前提になっているはずだ。

そうなると装着感使用時間が大事になってくる。
正直、連続使用時間が6時間しかないからちょっと物足りないのだが、有名なSpinfitとコラボしたイヤーピースの柔らかい付け心地によって、長時間使用してもかなり負担が少ないのはうれしいポイントだった。

また、ゲーミングオーディオでは、方向感を優先するため音質を犠牲にしていることが多いが、AERO Wirelessにそんな妥協は一切なく音楽も十分楽しむことができる。

ゲームも音楽もどっちも楽しみたい!!!
そんな贅沢な要望に見事に答えたイヤホンがAERO Wirelessと言え、もはや、下手なヘッドホンは買わなくていいだろう。
音質・携帯性・デザインとかなりオススメできるイヤホンなので、ぜひ一度チェックしてみてほしい。

  

ということで今回は、XROUNDの超低遅延のゲーミングワイヤレスイヤホンAERO Wirelessをレビューしてみたぞ!

 

それでは今回は以上だ。
ディズ(@_MONOGREAT_)でした。

ディズ

ばいば~い。

 

created by Rinker
エックスラウンド(Xround)
¥11,500 (2021/09/20 23:27:59時点 Amazon調べ-詳細)

よくある質問

Amazonでお得に買い物する方法

いつもAmazonで買い物するならギフトカードが絶対お得だよ。

チャージ額 × 最大2.5%のAmazonポイント】が必ず貯まるから、特に高額商品を買うときは見逃せないよね!!

チャージするたびに適用されるこのポイントは、有効期限が10年だから年間いくら使うか計算して多めに購入しとけば、普段の買い物もぜーんぶギフトカードでお得にできちゃうよ。

これは、ほんとやらなきゃ損だ!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてくれると喜び駆け回ります
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CONTENTS
閉じる