今なら6/22まで4ヶ月無料で7,000万曲が聴き放題!!! Amazon Music Unlimitedはこちら!!

3DSが遊べるエミュレータ「公式版Citra for android」が遂にリリース!!「非公式版Citra_MMJ」との違いを解説するよ

URLをコピーする
URLをコピーしました!

どうも。いつでもゲームを持ち歩きたいディズ(@_MONOGREAT_)です。

 

ニンテンドー3DSのエミュレータ「Citra」のAndroid用非公式アプリ「Citra_MMJ」(以下、MMJ)を当ブログでも紹介しましたが、

遂に「公式版Citra for android(ベータ版)」(以下、公式版Citra)がリリースされました!!!

 

さっそくダウンロードして遊んでみたところ、いろいろ分かってきたので、MMJとの違いも含めて「公式版Citra」をご紹介していきます。

 

公式版Citraの主な特徴は以下のとおりです。

「公式版Citra for android」の特徴
  • ゲームスピード(FPS)が大幅にアップ
  • ジャイロ機能をサポート
  • 日本語対応(一部未対応)
  • 本体時計を自由に変更可能
  • プレイ中断せずにすべての設定変更が可能

公式のプレイ動画がこちら↓

 

MMJほど設定項目は多くはないが、ゲームスピードが大幅に上がったのが大きな魅力でしょう。
MMJとセーブデータを共有できるので、今までのデータを引き継ぐこともできますよ。ソフトによってはMMJのほうが早い場合もありますので、切り替えながらソフトに最適なものを使うことをオススメします。
→MMJも公式版を取り入れて同等以上のスペックになりました。現状では互換性が高いMMJのほうがより快適に遊べます。

 

それではさっそく詳しく見てみましょう!!!

CONTENTS

Android用3DSエミュレータアプリ「公式版Citra」は基本無料で使える

Citraとは、もともとPCで3DSを動かすためのソフトウェア(エミュレータ)でしたが、ほとんど開発が終わっていて、現在はSWITCHのエミュレータ「YUZU」の開発に移っているところです。

先日、YUZUのほうで革新的な進歩があり、それをCitraにも適用することで、Androidでも十分に動く性能のアプリとなったので、今回の公式版Citraのリリースにつながりました。

動作環境

公式サイトで紹介されている推奨動作環境は次のとおりです。

推奨動作環境
  • Snapdragon 835以上
  • 64-bit Android 8 (Oreo)以上
  • OpenGL ES 3.2サポート

ただし、ここまで高くなくてもSnapdragon670(AnTuTuベンチマークスコア170000程) 以上のスペックでもプレイは可能です。

 

アプリを導入する

公式版CitraはGoogle Playからインストールできて、基本的に無料で使えるアプリです。セーブデータはMMJと共通して使えますので、これまでMMJでプレイしていた人はデータを消さないでくださいね。

Citra Emulator

Citra Emulator

Citra Emulator無料posted withアプリーチ

 

 

導入方法に関しては、MMJと同じですので『【最新版】スマホで3DSができるアプリCitra for android(MMJ)の使い方を解説』を参考にどうぞ。

あわせて読みたい
【最新版】スマホで3DSができるアプリCitra for android(MMJ)の使い方を解説|ソシャゲに飽きた人はエミ...
【最新版】スマホで3DSができるアプリCitra for android(MMJ)の使い方を解説|ソシャゲに飽きた人はエミ...Citraは3DSを無料でプレイできるアプリです。しかし、プレイするためにはいくつか準備するものがあります。当ブログ「DEZULOG」では、導入方法から設定方法までのすべてを解説します。

 

課金すると「Premium設定」が変更できる

アプリ内で540円課金すれば、設定「Premium」を変更できます。

しかし、現状では課金するほどのメリットはありません。
今後、ここの設定が増えていくらしいので、これからに期待ですね。

一応ぼくは課金してみたので、以下を参考にされてください。

Premiumの設定内容
  • モードの変更
  • テクスチャフィルタの使用


モードの変更

ダークモード

スマホのダークモードをCitraの画面にも適用できます。
有料にするほどの機能ではありませんね。

 

テクスチャフィルタの使用

ゲーム画面にフィルタをかけることができます。
2D映像を滑らかにする目的で使用する設定ですが、個人的には「フィルターなし」が一番見やすいです。

 

Anime4K Ultrafast・Bicubic・ScaleForce


この3つの設定は、いずれも2D画像の境界をぼかしてドット絵のギザギザ感を減らす効果がある。正直、どれも同じような処理で大した違いはないです。
この設定にすると、2D映像がボケたような表現になるので、あまりいい画質とは言えません。

 

XBRZ freescale

ドット絵を滑らかにして絵画のような表現に変えることができます。ドット絵全盛期のスーファミなら違いが顕著ですが、3DSでは適用される部分が少なめかもしれません。

画像のように境界のギザギザが滑らかになります。これは好みによりますので試してみてください

 スポンサーリンク

公式版Citraと非公式版Citra_MMJとの違い

公式版Citraはさすがと言える性能で、設定もシンプルですので初心者にオススメです。
MMJとの違いは次のとおり。
→MMJの更新に伴って、一部違いはなくなりました

MMJからの変更点
  • ゲームスピード(FPS)が大幅アップ(ソフトによる)
    →MMJも更新され、現在は同じスピードです
  • バックグラウンドで静かに待機できる
    →MMJの不具合も改善されました
  • ジャイロ機能をサポート
    →MMJにも実装
  • 日本語対応(一部未対応)
  • 時間を自由に変更可能
  • プレイを中断せずにすべての設定変更可能
  • Amiiboの読み込みが簡単に
    →MMJにも実装
  • テクスチャロードはできない
  • 画面上のボタンカスタム

 

テスト端末:pixel4 XL
SoC:Snapdragon855

ゲームスピード(FPS)が大幅アップ

さすが公式版ですね。複数コアを利用出来るようになったため、グラフィック描写の負担が分散できて全体の処理速度が飛躍的に上がっています。

ゲームスピード(FPS)がMMJの倍近く出ているので、グラフィック解像度を4倍まで上げてプレイができました。

ただし、MMJで見られた画面切り替え時の処理待ちなど止まる場面は同じ。元はドルフィンというエミュレータを改良したものなので、MMJと同じように引っかかるポイントなのかもしれませんね。

バックグラウンドで静かに待機できる

MMJの場合、ゲームをバックグラウンドにすると「ジジジ」っていう異音が鳴るので、中断したまま音楽や動画を見ることはできませんでした。

しかし、公式版ではそういうことはなく、ちゃんと中断して待っていてくれますので快適でした。

ジャイロ機能をサポート

本体の傾きを感知して操作する「ジャイロ機能」を実装しました。

これで、これまで出来なかったプレイが可能になりますね!

日本語対応(一部未対応)

設定画面は、ほとんど日本語で表記してくれるので分かりやすいです。
一部まだ日本語になり切れてないところはありましたが、これから対応することでしょう。

時間を自由に変更可能

本体の時計を「スマホと同期」か「別に設定する」かを選べます。

例えば、ポケモンなら時間帯や季節によって出現するポケモンが違うので、この機能は非常に便利ですよ。

プレイを中断せずに設定変更可能

ゲーム中に設定画面までいけるので、ソフトによって最適な設定を見つけやすくなりました。

スマホの戻るボタンで右上に設定を開く「Ξ」が出てきますので、そこから「設定を開く」で設定できます。

Amiiboの読み込み簡単に

ニンテンドー独自のAmiiboのデータを設定から簡単に読み込むことができます。ぼくはAmiiboを使ったことないので、使い方は分からないです。

テクスチャロードはできない

MMJではHDのテクスチャデータを用意することで、ゲーム中の画質をハイクオリティにすることができます。

しかし、公式版ではこの機能はサポートされていませんでした。

画面上のボタンカスタム

画面上に表示されているボタンの表示濃度を変更出来ないので視認性が悪くなってしまいます。
それとタッチパネルのオンオフが出来ないので、下画面の上にボタンを配置してしまうと誤操作が多くなってしまいます。

ボタンの表示非表示の切り替えは「ゲーム中の設定→オーバーレイでできました。

 

 

ちなみに画面上のボタンは使いにくくてアクションは難しいので、遅延ゼロのコントローラー『XOLORspace G01』がオススメです。

一体型・充電不要・スマホに充電しながらプレイ・スマホゲームにも使える最強の一角を担うコントローラーです。

公式版Citraでも問題なく使えて快適でしたよ!!!

 スポンサーリンク

Android用3DSエミュレータアプリ「公式版Citra」の問題点

今回公開された公式版Citraは、早期アクセスバージョンです。
とりあえずリリースしたようなものなので、これから不具合を改善した正式なリリースがされることでしょう。

現状で確認できた問題点をまとめてみました。

横画面にすると端が映らないことも…

縦画面でゲーム開始したあとに、横画面表示にすると、画面の端が見切れてしまいました。

詳しい原因はわかりませんが、ソフト選択のときに横画面表示してから開始するとこの現象を回避できます。

これはおそらく早いうちに改善されるでしょう。

一部ソフトでフリーズする

「MONSTER HUNTER STORYS」や「ルイージマンション2」などの一部のゲームでは、強制終了になってプレイできませんでした。
MMJでも同じですので、改善には時間がかかるかもしれません。

文字化けがある

ルーンファクトリー4などの一部ソフトでは「文字化け」が発生しました。
これもMMJと同じで、フォントが本来のものではないことが原因かと思われます。PC版では回避することができるので、いずれこれも改善されることでしょう。

セーブステートなし

いつでもゲームの状態をセーブできる「セーブステート」(状態セーブ)には対応していません。
MMJも対応していないので、ぜひ対応してほしい機能のひとつですね。

 

Android用3DSエミュレータアプリ「公式版Citra」はすでに快適にプレイできる

公式版Citraはまだ早期アクセスの段階で試験的にリリースされたものです。しかし、全体的にレベルが高く完成されていて、快適に遊べるエミュレータと言えるでしょう。

今までよりも低スペックのスマホでも動くようになっていますので、一度試してみて歯いかがでしょうか?

 

今回は以上になります。ディズ(@_MONOGREAT_)でした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CONTENTS
閉じる