amazon 4/10からファッションタイムセール開催予定!! 今のうちにセール品をチェックしておこう!!

Amazfit T-Rex Proレビュー!! サーフィンやダイビングの相棒に!!水中でも使用できる軍用規格のタフネスなスマートウォッチ

URLをコピーする
URLをコピーしました!

どうも。Amazfit のスマートウォッチに魅せられているディズ(@_MONOGREAT_)です。

 

最近のスマートウォッチには、血中酸素濃度測定常時心拍数測定睡眠モニタリングワークアウトなど健康管理に役立つ機能が多く搭載されているよね。

しかし、Apple watchのようなハイスペックなモデルほど、危険な現場や寒冷地など過酷な環境での使用をためらってしまうのでは?

そんな中、2021年3月23日、Huamiファーミから軍用規格テストに合格するほどタフネスなスマートウォッチ
Amazfit アマズフィットT-Rex Pro」が新発売された。

Amazfit T-Rex Pro

Amazfit T-Rex Pro は前作の T-Rex の後継機にあたり、過酷な環境でも問題なく動作する素晴らしい耐久力を持っていて、測位システムや耐水圧などがグレードアップした。

その他にも、18日間連続使用できるバッテリーや、血中酸素濃度測定などの健康管理、細かく設定できるワークアウトなど便利な機能が搭載されている。

価格は28,800円
前作のT-Rexから1,000円UPしたが、2~3万円クラスのアウトドアウォッチとしては、最高レベルの機能を搭載していてコスパに優れたモデルといえるだろう。

というわけで今回は、そんなAmazfit T-Rex Proの使用感について詳しくレビューしていく。

ディズ
ディズ

今回は、オーバーサイズやスポーティーなコーディネイトに似合うスマートウォッチ。
Amazfitシリーズでワークアウトやアウトドアに特化したモデルだね。

 

created by Rinker
Amazfit
¥28,800 (2021/04/12 12:32:01時点 Amazon調べ-詳細)

 

Huamiとは?

Huamiファーミ(華米科技Huami Technology)は、2013年にニューヨーク証券取引所に上場したXiaomiのグループ企業。Mibandシリーズなどのウェアラブル製品のデザインと製造を担っているメーカーで、年間1億台も出荷しているそうだ。
「Amazfit」は、Huamiがミドル・ハイエンド向けに展開する自社ブランドである。

ディズ
ディズ

この記事は、Amazfit正規代理店 アースリボーン様から製品を提供いただいて作成してるが、遠慮なくガンガン欠点も書いていくぞ。


 

CONTENTS

Amazfit T-Rex Proのデザインと付属品

Amazfit T-Rex Pro」は、15種類の軍用規格に合格した超耐久スマートウォッチ。

Amazfit T-Rex Proは超耐久スマートウォッチ

 

ディズ
ディズ

危険な作業現場や寒冷地でも安心して使えるタフネスボディだ!

 

モデル名Amazfit T-Rex Pro前モデル T-Rex
価格28,800円27,800円
連続使用時間通常使用18日間通常使用20日間
GPS連続使用40時間20時間
防水等級10ATM(水深100m)5ATM(水深50m)
操作方法タッチ/物理ボタンタッチ/物理ボタン
Bluetooth®バージョン Bluetooth® 5.0Bluetooth® 5.0
カラーブラック/ブルー/グレイガンメタルグレー/ロックブラック/カモフラージュグリーン/カーキ/グリーン
サイズ47.7×47.7×13.5mm47.7×47.7×13.5mm
重量59.4g(バンド付き)58g(バンド付き)
ボディ素材ポリカーボネートポリマー
ディスプレイ1.3インチ AMOLED1.3インチ AMOLED
解像度360×360360×360
タッチスクリーン強化ガラス+指紋防止コーティング強化ガラス+指紋防止コーティング
測位システムGPS + GLONASS / GPS + BeiDou / GPS + GalileoGPS + GLONASS
バンド素材シリコンシリコン
バンド長さ122mm(ロング)/ 78mm(ショート)122mm(ロング)/ 78mm(ショート)
バンド幅22mm22mm
バッテリー390mAh
リチウムイオンポリマー
390mAh
リチウムイオンポリマー
充電方法マグネット式, 2ピン充電マグネット式, 2ピン充電
充電時間最大1.5時間最大1.5時間
対応デバイスAndroid5.0またはiOS10.0以降Android5.0またはiOS10.0以降
センサーBioTracker2 PPG Bio-Tracking光学センサー
3軸加速度センサー
地磁気センサー
周囲光センサー
3軸ジャイロスコープセンサー
気圧高度計
BioTracker PPG Bio-Tracking 光学センサー
3軸加速度センサー
地磁気センサー
周囲光センサー
その他機能常時表示ディスプレイ/睡眠モニタリング/PAI ™健康評価システム/血中酸素濃度測定(SpO2)測定/24時間心拍数測定/電話を探す常時表示ディスプレイ/睡眠モニタリング/24時間心拍数測定/電話を探す

⇒ ノルウェーの研究「HUNT Fitness Study」によると、PAI ™スコアを100以上に維持している人は、高血圧、心臓病、2型糖尿病のリスクが低いという研究結果が出ている。この機能を使用するには、終日の心拍数モニタリングを有効にする必要がある。

HUNT Fitness Study
ノルウェー科学技術大学医学部のUlrikWisloff教授によって実施され、35年以上続き、延べ23万人以上の参加者があった研究。

⇒ 睡眠モニタリングとは、夕方の睡眠と昼寝を記録できる機能だ。

着用者が深夜から午前6時の間に眠っていることを検出すると、前日の午後6時から午前11時までの睡眠時間を夜間の睡眠時間として記録できる。
また、午前11時から午後6時までの20分以上の睡眠は、昼寝として記録される。

 

スマートウォッチ本体はマットな質感で、前モデルを踏襲したG-SHOCKライクなデザイン
ベゼルに金属溶射という金属の粉末を噴射し堆積させる特殊なコーティングを施してあり、ポリカーボネート製のボディでありながら、まるで金属のような印象を受ける。

Amazfit T-Rex Proの正面

 

カラーは、グレイ/ブラック/ブルーの3パターン。
T-Rex のアーミー感が抜けたいい感じのデザインになった。

Amazfit T-Rex Proカラーバリエーション
ディズ
ディズ

グレーやブルーは女性にもウケそうなカラーだね。

 

ディスプレイは、文字盤デザインを反映した常時表示が可能な1.3インチHD画質の有機EL(360×360)AMOLED
アモレッド
を採用。表面には「強化ガラス+指紋防止コーティング」がされていて、触ってもほとんど指紋がつかない。

屋外での視認に問題はなかったが、同じ有機ELであるAmazfit GTR2よりも暗く直射日光だと少し見にくい。

Amazfit T-Rex Pro視認性
ディスプレイを手で覆うと消灯するという小技も便利

ディスプレイには、メールやラインなど設定したアプリの通知が届いたときは、メールなら題名が、ラインならメッセージのテキストのみが表示される。手が離せないときに、サッと概要を確認できるので、重要なメッセージのみにコミットすることができる。

 

ちなみに、画面保護フィルムも売られているようなので、心配なら貼っておこう。

created by Rinker
Vikisda
¥999 (2021/04/12 12:32:02時点 Amazon調べ-詳細)

 

裏面の感知部は、肌に押し付けるために1㎜ほどせり上がっていて、確実に心拍数などを計測できるようになっている。

Amazfit T-Rex Proの裏面
ディズ
ディズ

この段差に汚れがたまるのをどうにかしてもらえるといいんだけど…

 

重さはバンドを合わせて59g。
GARMINなどに比べるとやや重めだが、本体にポリカーボネートを使用しているため、見た目に反してかなり軽くて快適だ。

Amazfit T-Rex Proの重さは59g

 

サイズは47.7×47.7×13.5mmで、アウトドアウォッチにしては薄く仕上がっているが、寝るときはぶ厚い本体が気になる場面もあったので、そのあたりは割り切りが必要だ。

Amazfit T-Rex Proのサイズ感

 

柔らかいシリコン製バンドで装着感に定評があるAmazfitのスマートウォッチ。

Amazfit T-Rex Pro もフィット感は良好で、普段使いでもスポーツでも違和感なく使えた。留め具や本体に金属が使われていないため、金属アレルギーでも安心だ。

バンド止めには、ストッパーがあって、バンドが外れないのもポイントが高い。

Amazfit T-Rex Proのバンド止め
ディズ
ディズ

バンド止めがいつの間にか外れて、バンドが「てろ~ん」ってなるのが悩みだったんだよね。
これ、地味にすごいイノベーションだ。

 

Amazfit T-Rex独自タイプのバンドは、取り外しに六角レンチが必要なので、付け替えがしにくいのが残念。
数は少ないが、替えバンドも販売されているので、好みのバンドに取り換えることもできる。

Amazfit T-Rex Proバンド取り換え
created by Rinker
Demiawaking JP
¥1,799 (2021/04/12 12:32:02時点 Amazon調べ-詳細)

 

連続再生時間が、ノーマルユースで18日間、ヘビーユースで9日間とバッテリー性能はまずまず優秀。特にGPS連続稼働時間は、前作の T-Rex の2倍である40時間となって長時間の活動記録が可能になった。

Amazfit T-Rex Proバッテリー性能

ノーマルユース
24時間装着、心拍数モニタリング(10分ごとにデータを記録)をオンにして、1日2回SpO2を測定。画面に150通のメッセージを表示と5分間の操作、30回手首を上げての時間確認。毎週90分のエクササイズの操作を行う。

ヘビーユース
24時間装着、心拍数モニタリングと睡眠補助モニタリング(1分ごとにデータを記録)、睡眠時の呼吸の質モニタリングを有効、1日2回SpO2を測定。画面に150通のメッセージを表示と15分間の操作、手首を100回上げての時間確認、1週間に180分のエクササイズの操作を行う。

 

 

Amazfit T-Rex Proのパッケージ内容は以下の3点。

Amazfit T-Rex Proパッケージ内容
パッケージ内容一覧
  • Amazfit T-Rex Pro本体
  • 専用充電ケーブル
  • ユーザーマニュアル

シンプルな内容で最低限必要なものだけになっている。 

専用充電ケーブルは、裏面の感知部に少し近づけるだけで、磁力で貼りつき簡単に接続できる。スマホのようにわざわざ端子に挿し込む必要がないので、暗闇でもすぐに充電できる。

ただし、ACアダプターは付属しないので、別途用意しよう。

Amazfit T-Rex Pro充電ケーブル

ちなみに、失くしたときは互換ケーブルもあるよ。

created by Rinker
Amazfit
¥28,800 (2021/04/12 12:32:01時点 Amazon調べ-詳細)

 スポンサーリンク

Amazfit T-Rex Pro の特徴や機能

Amazfit T-Rex Pro には数多くの機能があるが、特徴を厳選して紹介するよ。

Amazfit T-Rex Proの特徴

 

軍用規格テストに合格した強靭なボディ

Amazfit T-Rex Pro強靭なボディ

15種類にも及ぶ軍事グレードテストにすべて合格した Amazfit T-Rex Pro は、次のような耐久性を持っている。

Amazfit T-Rex Proの耐久性
  • 耐熱性(使用可能温度 70℃~-40℃)
  • 耐湿性(240時間耐久)
  • 耐塩性(塩水噴射96時間耐久)
  • 耐氷性
  • 耐凍製
  • 耐衝撃性

さすがにすべての耐性を確認するわけにはいかないが、これだけの耐性があれば Amazfit T-Rex Pro が壊れるより先に、人がどうにかなってしまうだろう。

4つのグローバルナビゲーションによる迅速かつ正確な測位

Amazfit T-Rex Pro のグローバルナビゲーションは、
メインにGPS(アメリカ)
サブにGLONASS
グロナス
(ロシア) / BeiDou
ベイドウ
(中国) /Galileo
ガリレオ
(ヨーロッパ)

を使用し、GPS + サブ1つを組み合わせて測位している。

Amazfit T-Rex Proグローバルナビゲーション

前作のT-Rex までは、GPS + GLONASS のみだったが、新たに2つのシステムが加わったことで、より正確な測位が可能になった。どの組み合わせを使うか任意で設定できるので、たとえ海外でも地域に合わせて最適な選択をすることができるのだ。

 

さっそくワークアウト:サイクリングで試したときのデータがこちらだ。

Amazfitシリーズのアクティブトラッキングの精度はかなり正確で、T-Rex Proも驚くほど正確なデータをとってくれた。

詳しくデータをみてみると、車道か歩道のどちらを走行したのかが分かるほどの正確さで、小さな道路を横断したことまでしっかりと記録されていた。

その他にも、速度チャート1㎞/5㎞のラップタイム心拍数の推移運動効果の評価など細かなデータを見ることができて、これを見るだけでもなかなか面白い。

測位能力はまさしく優秀で、自信をもってオススメできる性能だ。

 

ちなみにそれぞれの位置情報誤差は以下のとおり。ヨーロッパのGalileoが一番正確らしくオススメ。

グローバルナビゲーション位置情報誤差
GPS5~10m
GLONASS10~25m
BeiDou10m
Galileo1m

水中でも操作できる

Amazfit T-Rex Pro は、ディスプレイ周囲にある4つの物理ボタンで全操作が可能だ。

これを使えば、手袋での操作や、タッチパネルでは反応しない水中でも操作ができるため、ダイビングなどのマリンスポーツや危険な現場作業に大活躍するだろう。

Amazfit T-Rex Proの4つの物理ボタン

タッチ操作でもカクつくことなくスムーズで、薄い手袋なら操作できるほどレスポンスが良い。

基本操作は以下のとおりだ。

操作効果
上にスワイプ
(DOWNボタン)
アクティビティやスケジュール、天気などの一覧表示
下にスワイプ
(UPボタン)
懐中電灯、端末を探す、シアターモードなどの設定画面
右にスワイプ通知一覧
左にスワイプ全機能へのアクセス

 

さらに、SELECTボタンには、好きな機能を一発で呼び出せるクイックスタート機能を搭載。

キッチンタイマーストップウォッチワークアウトなど登録しておけば、たとえ手袋をしたままでも簡単に起動できてすごーく便利なんだ。

Amazfit T-Rex Proクイックスタート機能

血中酸素飽和度(SpO2)の測定ができる

新型コロナウイルスによって、注目されている血中酸素濃度(SpO2)測定ができるのもAmazfitシリーズの特徴のひとつ。

測定には手動で起動して40秒~50秒ほどかかるが、毎日測定することで、普段の自分の健康状態を把握できて、普段は気付かない変化をいち早く察知できるなど、健康管理に非常に役立つ機能だ。

Amazfit T-Rex ProSPO2測定
血中酸素濃度(SpO2)とは

血中酸素濃度(SpO2)とは、心臓から全身に運ばれる血液(動脈血)の中を流れている赤血球に含まれる ヘモグロビンの何%に酸素が結合しているか、皮膚を通して調べた値だ。

簡単に言うと、血の中にどれだけ多くの酸素が溶け込んでいるかを表す数値である。

健康な人であれば、96%~99%の数値を示すが、90%以下の場合は十分な酸素を全身の臓器に送れなくなった状態(呼吸不全)になっている可能性がある。体調が悪くなると、この数値が低下していくため健康管理のひとつのバロメーターとして使える数値である。

 

さらにAmazfit T-Rex Pro独自の機能として、標高3000m以上になると自動で測定するように通知されるようにもなっている。

Amazfit T-Rex Pro高度でSPO2測定通知

 

ディズ
ディズ

まぁ、富士山の頂上付近でのみ反応するレアスキルなんだけどねwww

 

その他の便利機能

Amazfit T-Rex Pro には、他にも次のような便利機能もついている。

その他の便利機能
  • 好きな画像で作れる文字盤
  • 常時心拍数測定
  • PAI ™健康評価システム
  • 睡眠/睡眠時呼吸モニタリング
  • 100種類以上のワークアウト
  • 運動検出によるワークアウト自動起動
  • 1週間の天気予報
  • 音楽コントロール
  • スマホを探す
  • 常時表示/シアターモード
  • アラーム/コンパス/気圧高度計/懐中電灯/ストップウォッチ/キッチンタイマー
created by Rinker
Amazfit
¥28,800 (2021/04/12 12:32:01時点 Amazon調べ-詳細)

 スポンサーリンク

Amazfit T-Rex Pro の使用感をレビュー

ここからは、 Amazfit T-Rex Pro を使ってみて感じたことをまとめてみた。

Amazfit T-Rex Proの使用感

  

良かったポイント

まずは、これはいいぞっと思ったポイント。

良かったポイント
  • 頑丈で気を使わなくていいおしゃれアイテム
  • 細かな設定ができるワークアウト
  • 18日使い続けられるスタミナ
  • 音楽コントロールでYouTubeまで操作できる
  • バンド止めが外れない
  • 水中でも使える物理ボタン
  • 4つのナビゲーションによる正確な測位データ
  • 100ATMの防水性能
  • 軽くて快適な装着感

 

おしゃれアイテムとしても良き

衝撃に強い頑丈なベゼルで守られているため、普通の時計ではつい気にしてしまうときでも気兼ねなく普段使いできる T-Rex Pro。

頑丈なベゼルのAmazfit T-Rex Pro

前作よりもミリタリーテイストが抜けて、よりオシャレなデザインに進化したため、普段のオシャレアイテムとしてもいい感じ。ファッションの外しとして、ワンポイントで入れてもいいデザインで、女性が使っても面白いアイテムだ。

Amazfit T-Rex Proはファッションにもオススメ

 

ワークアウトが進化している

Amazfit GTR2などのワークアウトと比較して、運動中の設定項目が大幅に増えていた。

Amazfit T-Rex Proの進化したワークアウト

例えば、ピッチアシスタントを使用して、1分間当たりの歩数を設定すると、片足をつくタイミングを振動で教えてくれる

他にも画面をワークアウト時のみ常時表示にしたり、各種データをリアルタイムにグラフにしたり、3Dデータモードによって高度を考慮した正確なデータ収集できるなどなど。

データ記録のみではなく、運動に役立つアシストを行ってくれる相棒的な存在で、本格的にデータ収集を行いたい人には、かなりおすすめできる性能だ。

 

スポーツ カテゴリスポーツ モード
ランニングとウォーキングランニング (屋外)、ウォーキング、ランニング マシン、トレイル ランニング、競歩、 ウォーキング (屋内)
サイクリングサイクリング (屋外)、サイクリング (屋内)、マウンテン バイク、BMX
水泳オープン ウォーター スイミング、水泳 (プール)
屋外スポーツ狩猟、クライミング、釣り、ハイキング、スケートボード、ローラー スケート、 ロック クライミング、オリエンテーリング、パルクール
屋内スポーツHIIT、体幹トレーニング、ローイング マシン、エアロビクス コンボ、 筋力トレーニング、ストレッチ、ステップミル、ピラティス、 柔軟トレーニング、フィットネス (屋内)、階段ステッパー、ステップ トレーニング、 体操、エリプティカル、ヨガ、自由トレーニング、エアロビクス、 グループ キャリステニクス、ボディ コンバット、クロストレーニング
ダンスバレエ、ベリー ダンス、スクエア ダンス、ストリート ダンス、社交ダンス、 ダンス、ズンバ、ラテン ダンス、ジャズ ダンス
格闘技フェンシング、空手、ボクシング、柔道、レスリング、太極拳、ムエタイ、 テコンドー、武道、キックボクシング
球技クリケット、野球、ボウリング、スカッシュ、ラグビー、バスケットボール、ソフトボール、 ゲートボール、バレーボール、卓球、ホッケー、ハンドボール、バドミントン、 サッカー、ビーチ サッカー、ビーチ バレー
ウォーター スポーツサーフィン、セーリング、カイト サーフィン、ボーティング (屋外)、パドルボード、 ドリフティング
ウィンター スポーツカーリング、スノーボード、アルペン スキー、スケート (屋外)、スキー、 スケート (屋内)、クロスカントリー スキー、ボブスレーとトボガニング、 そり、スキー オリエンテーリング、バイアスロン
レジャースポーツフラ フープ、フリスビー、ダーツ、スポーツ カイト、綱引き、 ジェンズ
その他アーチェリー、馬術、階段昇降、縄跳び、カーレース

18日間使い続けられるスタミナ

T-Rex Proのスタミナもかなり優秀なようだ。

5日間で31%消費している

スマートウォッチで面倒なのって、”充電による着け外し“があるよね。

わざわざ充電のたびに外さなければいけないのはストレスだし、外出先では充電すらできない。そんな面倒な充電を極力減らしてくれる長時間駆動は、これからのスマートウォッチに求められる重要な性能だと言える。

そんな中、T-Rex Proは18日間駆動するスタミナを持っている。実際にノーマルユースで試してみたところ、7.5日間使ったところで53%になったので、16日間ほどは使い続けることができそうだった。これなら少なくとも2週間は使い続けることができる。

それと、ヘビーユースでは9日間使い続けることが可能ということで、かなりハードな設定で使い続けてみたら、丸4日使うことができた。コチラはだいぶ短くなってしまったが、実験よりも厳しい設定だったので、こんなものなんじゃないかなっと思う。

ディズ

Applewatchの駆動時間が18時間ということを考えれば、2週間も使えてかなり優秀なバッテリー性能だよね。

 

ちなみに、15分で4日間分の25%充電、70分でフル充電できた。
これだけ素早く充電できるなら、スキマ時間にちゃちゃっと済ませられそう。

残念だったポイント

続いて、残念だったところをまとめてみた。

残念だったポイント
  • NFC決済や通話、メール返信はできない
  • 屋外だと若干暗いディスプレイ
  • バンドの取り換えがしづらい

NFC決済や通話、メール返信はできない

Amazfit T-Rex ProはNFC決済できない

Apple watchをはじめとするハイエンドなスマートウォッチでは、NFCによる電子決済や、ウォッチ単体での通話メール返信などが可能でスマホのような機能を持っている。

だがしかし、T-Rex Proには、それらの便利な機能は搭載していない。おサイフケータイのように電子決済ができると、何も持たずにランニングできたんだが…残念。

 

created by Rinker
Amazfit
¥28,800 (2021/04/12 12:32:01時点 Amazon調べ-詳細)

Amazfit T-Rex Proのペアリング方法

Amazfitのスマートウォッチのペアリングは、以下の流れで簡単にできる。

スマホとのペアリングの流れ
  1. 専用アプリ「Zepp」をインストールする
  2. Amazfit GTR2eに表示されるQRコードを読み込む

 

QRコードを読み込む
Amazfit T-Rex ProのQRコード

まずは、専用アプリ「Zepp」をインストールしよう。

Zepp(元のAmazfit)

Zepp(元のAmazfit)

Huami Inc.無料posted withアプリーチ


「Zepp」を起動してQRコードを読み込む
Amazfit T-Rex Proペアリング完了

Amazfit T-Rex Proの電源を入れると、QRコードが表示されるので、「Zepp」で読み込んで説明通り進めばペアリングが完了だ。

 

ペアリング方法とアプリの使い方は、公式にYou Tubeでも説明されているから参考にしてみてほしい。

 

ディズ
ディズ

アプリで読み込むだけだから簡単だよ。

created by Rinker
Amazfit
¥28,800 (2021/04/12 12:32:01時点 Amazon調べ-詳細)

 スポンサーリンク

Amazfit T-Rex Pro レビュー
ワークアウトを重視するならオススメのスマートウォッチ

Amazfit T-Rex Pro

この記事では、軍用仕様のタフネスなスマートウォッチ「Amazfit T-Rex Pro」をレビューしてみた。

     GOOD  

  • 頑丈で気を使わなくていいおしゃれアイテム
  • 進化したワークアウト
  • 音楽コントロールでYouTubeまで操作できる
  • バンド止めが外れない
  • 水中でも使える物理ボタン
  • 4つのナビゲーションによる正確な測位データ
  • 100ATMの防水性能
  • 軽くて快適な装着感
  • 通知がアプリ毎に細かく設定可能

     BAD  

  • NFC決済や通話、メール返信はできない
  • 屋外だと若干暗いディスプレイ
  • バンドの取り換えには六角レンチが必要

 

Amazfit T-Rex Pro は、次のような人におすすめだ。

  • ダイビングなどのウォータースポーツを楽しみたい人
  • 寒冷地や危険な現場で働く人
  • スポーツやトレーニングなど本格的に運動データを取りたい人
  • オシャレアイテムとしても普段使いしたい人

 

軍用規格をクリアした頑丈なスマートウォッチなので、ぶつけることを気にせずガンガン使っていけるのはうれしい。有名なGarminやSuuntoに比べて安いにも関わらず、アウトドアウォッチとして非常に役立つ機能が満載でコスパ優秀なモデルと言えるだろう。

 

本格的かつリーズナブルなアウトドアウォッチを探しているなら、Amazfit T-Rex Proを選択肢に入れてみてはいかがだろうか?

 

今なら万が一、満足いかなかった場合は、30日以内なら使用済みでも全額返金できるから安心して購入できるよ。

 

ということで今回は以上。ディズ(@_MONOGREAT_)でした。

 

ディズ
ディズ

   ばいば~い。   

 

created by Rinker
Amazfit
¥28,800 (2021/04/12 12:32:01時点 Amazon調べ-詳細)

 

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CONTENTS
閉じる