今日の amazon「タイムセール」はこちら!!      

SONYを超えた!?YAMAHAが音にこだわったワイヤレスイヤホンTW-E7Aを新発売|アクティブノイキャン&外音取り込み機能付

  

どうも!DEZUです!!

突然ですが、YAMAHAって聞くと何を想像しますか??

おそらく楽器を始めとした”音のスペシャリスト“ってイメージではないかなと思います。

 

そんな”音のスペシャリスト“であるYAMAHAがワイヤレスイヤホンの分野までついに乗りこんできちゃいました。

 

それがこれ!「YAMAHA TW-E7A」です!

引用:YAMAHA公式ホームページ

 

もうこれだけで、音にこだわり抜いた最高のイヤホンの予感ですよね。

 

実はすでに2019年12月にYAMAHA TW-E3Aを発売しているんですが、2020年2月に発売予定なのが上位機種であるYAMAHA TW-E5AとTW-E7Aです

追記:残念ながら、発売が2020年春頃に延期されました。

 

中でも注目なのが、「YAMAHA TW-E7A」でして。

 

このイヤホンの特徴は、ハイエンドな豪華機能がてんこ盛りなこと。

同じくハイエンド機種であるSONY WF-1000XM3と比べて詳しくみてみましょう。

 

YAMAHA TW-E7Aの”音”へのこだわり

TW-E7Aは、SONY WF-1000XM3は対応していない高音質コーデックaptXに対応していて、Qualcomm®社のオーディオSoC「QCC5124」によるアクティブノイズキャンセリング機能も搭載されています。

これにより、雑音を除いた高音質でクリアな音楽を楽しむことができます。

 

アクティブノイズキャンセリング機能とは?
外部の雑音をマイクで解析し、雑音を打ち消す音波を出すことで、周囲の雑音を消しクリアな音を楽しむことができる機能のこと。
主にハイエンド機種に搭載されている。
これに似た名称の”CVCノイズキャンセリング機能”は、通話時の雑音を抑えて相手に伝わる音声がクリアになるもので自分が聞く音に変化はない。アクティブノイズキャンセリング機能とは別物である。

 

引用:YAMAHA公式ホームページ

さらに、ヤマハ独自の「リスニングケア」により、音量が小さいときに聞こえにくい低域と高域を調整して、音量に合わせた自然で聴きやすい音を再現してくれます。

 

引用:YAMAHA公式ホームページ

また、音楽を聞きながら周囲の音も聞きたいときには「アンビエントサウンド機能」を使いましょう。
これは外音取り込み機能とも言い、お店や電車に乗っているときなど周囲の音が必要なときに威力を発揮します。

 

 スポンサーリンク

YAMAHA TW-E7Aなら雨でも大丈夫

引用:YAMAHA公式ホームページ

TW-E7Aは、JIS防水保護等級IPX5に対応していて、スポーツの汗や雨に強くなっています。

 

IPX5とは?
防水性能のことで、あらゆる方向から水の噴射を直接浴びても機器本体に有害な影響がないことを表す等級のこと。

 

SONYのWF-1000XM3は、防水性がなくスポーツや雨には注意が必要でしたが、TW-E7Aなら安心ですね。

 

 スポンサーリンク

ワイヤレスでも充電できるYAMAHA TW-E7A

引用:YAMAHA公式ホームページ

YAMAHA TW-E7Aの充電は置くだけ簡単なワイヤレス充電Qiに対応しています。

最近のスマホだと、スマホとバッテリーを分け合うこともできますし、ワイヤレス充電に対応しているのは嬉しいところですよね。

 

しかも、コンセントから出てるコードって邪魔じゃないですか?
なんだか部屋も散らかって見えますし…

その点、ワイヤレス充電ならスッキリしてていいですよね。

 

YAMAHA TW-E7AとSONY WF-1000XM3との違いまとめ

最後にSONY WF-1000XM3との違いをまとめてみました。

SONY WF-1000XM3YAMAHA TW-E7AYAMAHA TW-E5AYAMAHA TW-E3A
価格23,99324,000
(予定)
16,5009,377
対応コーディックAAC/SBCaptX/AAC/SBCaptX/AAC/SBCaptX/AAC/SBC
ドライバーCCAWボイスコイル
6.0mm
6.2mm6.2mm6.0mm
イヤホン駆動時間6時間再生(NC on)
8時間再生(NC off)
5時間再生(NC on)
7時間再生(NC off)
7時間再生6時間再生
ケース併用時24時間
フル
充電3回分
(32時間NC off)
20時間
フル
充電3回分
(28時間NC off)
28時間
フル
充電3回分
24時間
フル
充電3回分
重量約8.5g×2
(ケース77g)
記載なし7.0g×26.3g×2
急速充電10分で1時間半
使用可能
記載なし記載なし記載なし
充電端子Type-CType-CType-CType-C
ワイヤレス充電
防水性能IPX5IPX5IPX5
操作方法タッチパネル式タッチパネル式タッチパネル式タッチパネル式
接続距離10m
Bluetooth class1
10m
Bluetooth class1
10m
Bluetooth class1
10m
Bluetooth class2
左右独立使用
オートポーズ機能
アクティブノイズキャンセル
外音取り込み(アンビエントサウンド)
マルチペアリング
8台
記載なし
7台

3台

 

YAMAHA TW-E7Aは、SONY WF-1000XM3に負けず劣らずどころか一部勝ってしまっていますね!

 

いやーまさにYAMAHAのモンスターイヤホンです!!

 

YAMAHA TW-E5Aは予約受付開始されました。 TW-E7Aは、1月15日から予約受付が開始されますので、ぜひチェックしてみてください。

TW-E7Aは、残念ながら発売予定日が延期されました。

created by Rinker
ヤマハ(YAMAHA)
¥8,280 (2021/03/01 01:14:20時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
ヤマハ(YAMAHA)
¥8,800 (2021/03/01 01:14:21時点 Amazon調べ-詳細)

 

YAMAHA公式ホームページはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です