今日の amazon「タイムセール」はこちら!!      

【Xiaomi Miスマートバンド4レビュー】3500円のアクティブトラッカーを徹底調査!音楽操作に運動記録ができて20日間使えます

 

どうも。DEZUです。

 

先日、Xiaomiの1億画素スマホ「Mi Note 10」がニュースで報じられて話題になりましたが、そんなXiaomiは、スマホ以外にもコスパが高い製品を数多く輩出しているメーカーなんです。

 

そんな製品のひとつとして、今回新発売されたのが
「Mi スマートバンド4」です。

これは、いわゆるアクティブトラッカー(活動量計)と言われるガジェットで、スマホと連動して運動量を測定し、消費カロリーや運動の結果を記録してくれます。

スマートウォッチよりもできることは少なくなりますが、その代わりお手頃な価格で手に入ります。

https://dezulog.com/wp-content/uploads/2019/03/20190301_022416-min-142x142.png
ぼく

そんな最新アクティブトラッカーのMiスマートバンド4の性能が凄すぎたので、妻へのプレゼントに買っちゃいました

 

簡単に特徴をまとめてみました↓
これだけの機能がついて3500円って凄くないですか?

Xiaomi Miスマートバンド4の特徴
  • 20日間使えるロングバッテリー
  • 各運動の消費カロリーや活動量などの記録
  • 24時間心拍数モニタリング
  • 毎日の睡眠診断
  • スマホの着信やラインなどの通知
  • スマホの音楽コントロール

 

でも、良いことばかりでホントに仕様通りの実力があるのか不安ですよね?

ということで今回は、Xiaomi Miスマートバンド4の実力の真偽を徹底調査していきます。

 

Xiaomi Miスマートバンド4の外観

さっそくセット内容からチェックしていきましょう。

本体と充電クレードル、説明書のシンプルなセット

 

Miスマートバンド4は、リストバンドに本体を装着して使用します。

 

 

ディスプレイは縦21.6mm×横10.8mmの0.95インチで2.5Dの強化ガラスが使用されています。
しかも、液晶ではなく有機ELである「AMOLED」を採用され、屋外でも非常に見やすく綺麗な表示になっています。

 

 

前モデルのMi Band3ではモノクロだった画面が、カラーになって39.9%も大きくなって進化しています。

 

 

画面下部にはタッチパネル式のボタンがあって、スリープの解除や戻る操作ができるようになっています。

 

 

本体の色はブラックのみですが、いろんな種類のリストバンドが発売されていますので、自分好みのカスタムすることが可能です。

 

 

 

本体裏面は、心拍数の計測部分が1mmほど出ていますが、幅が広いので飛び出し部の違和感はありません。

 

 

付属のリストバンド自体もしっかりとした作りで、簡単には切れたりしない強度です。

 

さっそく装着してみました。
リストバンドが優しく手首の曲げ伸ばしや運動の邪魔にならなくて快適です。

 

よくある丸型の時計だと、腕立て伏せのような運動のときに手首に当たって邪魔になることがありますが、Miスマートバンド4なら大丈夫です。

 

 

装着時の腕からの飛び出しは13mmですが、本体が丸みを帯びているので、引っかかるようなことはありません。
重さは22gしかありませんので、着けているのを忘れるほど。

一日中寝るときまで着けていられます。

 

防水性能は水深50mまで耐えられる5気圧防水です。

これなら、急な用事で泳いで川を渡らなくちゃいけないときでも、すぐさま飛び込むことができますね!

 

ちなみに、うちの妻はお風呂に入るときも、着けたままゴシゴシ洗ってます。

 

 

取り外しは、リストバンドを少し引っ張って、本体を下から上へ押してあげると簡単に取り外せます。

 

充電は、本体を取り外して充電クレードルに乗せるだけでOK。
充電クレードルに乗せて少し押し込んでやると「カチッ」とハマりますので簡単です。

注意
ACアダプターは付属しませんので、別途用意してください。
スマホの充電器などのUSBポートが流用できます。

 

ACアダプターがない人は、AnkerのAnker PowerPort Speed 4 がオススメです。

created by Rinker
Anker
¥2,999 (2021/03/02 03:10:30時点 Amazon調べ-詳細)

急速充電に対応していて、スマホの充電など必要なコードを一箇所にまとめることができますよ。

 

前モデルのMi Band3では、クレードルが半分だけだったんですが、Miスマートバンド4から船型になり充電ポジションに確実に乗るようになりました。

Mi Band3の充電クレードル
引用:amazon

 

 スポンサーリンク

Xiaomi Miスマートバンド4と前モデルMi Band3との違い

ここで前モデルMi Band3との違いを簡単にまとめてみました。

主な違いは次の4つです。

MEMO
  • 画面がカラーになり表示面積39.9%UP
  • 搭載センサーに3軸ジャイロスコープが追加され、スイミングなどのアクティビティの正確性向上
  • 音楽コントロール機能の追加
  • 文字盤のカスタマイズ機能の追加
  • 充電時間が30分短縮
Miスマートバンド4Mi Band3
本体材質ポリカーボネートポリカーボネート
重量22.1g18g
防水性能水深50mまで耐える
5気圧防水
水深50mまで耐える
5気圧防水
ディスプレイAMOLED(有機EL)
カラー
高精細OLED(有機EL)
モノクロ
画面保護耐指紋コーティング耐指紋コーティング
画面サイズ
 
0.95インチ
縦21.6mm×横10.8mm
0.78インチ
縦17.26mm×横9.66mm
解像度120 x 240
RGB
80×128
ボタンタッチパネル式タッチパネル式
リストバンドポリウレタン系熱可塑性エラストマー熱可塑性エラストマー
リストバンド
調節可能な長さ
155 – 216mm155 – 216mm
センサー3軸加速度計
3軸ジャイロスコープ
PPG心拍センサー
静電容量式近接センサー
3軸加速度計
PPG心拍センサー
Bluetooth5.04.2
バッテリーリチウムイオンポリマー
135mAh
リチウムイオンポリマー
110mAh
駆動時間20日間20日間
充電時間1時間20分2時間
システム要件Android 4.4、iOS 9.0以降Android 4.4、iOS 9.0以降
スポーツ機能トレッドミル
エクササイズ
屋外ランニング
サイクリング
ウォーキング
プールスイミング
(スイミングなどの計測強化)
歩数計測
距離
消費カロリー
トレッドミル
エクササイズ
屋外ランニング
サイクリング
ウォーキング
プールスイミング
歩数計測
距離
消費カロリー
健康モニタリング目標設定
睡眠モニタリング
心拍数モニタリング
座りすぎ通知
目標設定
睡眠モニタリング
心拍数モニタリング
座りすぎ通知
その他の機能カスタマイズ可能な文字盤
音楽コントロール
天気予報5日分
ロック画面
ナイトモード

振動アラーム
タイマー
ストップウォッチ
イベントリマインダ
着信などの各種通知
デバイスを探す
スマートロック解除
天気予報3日分
振動アラーム
タイマー
ストップウォッチ
イベントリマインダ
着信などの各種通知
デバイスを探す
スマートロック解除(Xiaomi製スマホのみ)


 

created by Rinker
シャオミ(Xiaomi)
¥3,199 (2021/03/02 03:10:31時点 Amazon調べ-詳細)

 スポンサーリンク

Xiaomi Miスマートバンド4のペアリング方法

Miスマートバンド4を始めるには、スマホアプリの「Mi Fit」とペアリングすればOK。

しかも、このペアリングがすごーく簡単で、以下の手順ですぐにペアリングできちゃいます。

ちなみに、ペアリングまではすぐに終わりますが、そのあとのアップデートがありますので、合計15分ほどで準備完了します。

 

 

Mi Fit アプリをダウンロードする

いろんな設定やアクティビティの記録は、すべてこのアプリから操作します。
まずは、GooglePlayやAppleStoreからアプリをダウンロードしましょう。

Mi Fitを起動してMiスマートバンド4を操作してペアリング完了

Mi Fitアプリを起動すると、Miスマートバンド4の画面がペアリングモードに切り替わります。

あとは、「✓」をタップすればペアリング完了です。簡単ですね。

ファームウェアのアップデートを見守る

ペアリングができたら、自動的にファームウェアのアップデートが始まります。

 

微笑みながら、しばらく眺めておきましょう。

 

準備完了!使い倒しましょう

アップデートしたら準備完了です。

 

created by Rinker
シャオミ(Xiaomi)
¥3,199 (2021/03/02 03:10:31時点 Amazon調べ-詳細)

Xiaomi Miスマートバンド4を徹底調査しました

前モデルMi band3からの進化したポイントや各機能の精度を調査しました。

進化ポイント1 音楽コントロール機能

Miスマートバンド4の大きな進化ポイントのひとつが「音楽コントロール機能」です。

スマホで音楽再生中に、スマホを出さずにMiスマートバンド4で曲送りや音量調整が可能です。

操作するには、スマホで音楽再生中に左右どちらかにスワイプしてあげると、操作画面になります。

進化ポイント2 文字盤のカスタム

Miスマートバンド4の進化ポイント「文字盤のカスタム」も試してみます。

文字盤カスタムの設定
アプリ→プロフィール→マイデバイス→Mi スマートバンド4→バンドディスプレイ設定→カスタム

 

今回は、こちらの迷子の鹿さんの画像を用意しました。

 

アプリを開いて上記のカスタムまで進めたら、下のボタンから写真選択すれば、カスタム文字盤にできます。

 

仕上がりがこちら。これで迷子の聞き込みに行きたいと思います。

ちなみに、画像を用意していなくても、アプリで直接写真を撮ることができます。

 

 

進化ポイント3 アクティビティ機能の強化

Miスマートバンド4に搭載されているセンサーに、3軸ジャイロスコープが追加されたことで腕の動きをより正確に測定ができるようになりました。

 

ちなみにMiスマートバンド4には、GPSは内蔵されていません。
活動量の測定は、スマホのGPSを使用して計測するため、運動中はスマホを持っている必要があります。

ランニングベルトのようなアイテムがあれば、運動の邪魔にならずにスマホを持てるのでオススメです。

 

ほんとにMiスマートバンド4は20日間使えるのか?

Miスマートバンド4は、前モデルのMi Band3と同じく20日間連続使用が可能です。

しかも、バッテリー容量がMi Band3の110mAhから135mAhに上がったことで、より高負荷の使用に耐えられるようになっています。

テスト内容
デフォルト設定を使用し以下の負荷をかける。

  • 30分間の自動心拍数モニタリングを有効
  • 毎日100件の通知を受信
  • 毎日2回のアラーム
  • 5分間振動
  • 毎日タッチボタンを10回タッチ
  • 毎日1回アプリと同期

 

実際に使用してみたところ、4日間と14時間(110時間)で26%減りましたので、計算したら17.6日間(423時間駆動)は持ちそうです。

使用方法によっては、さらに長持ちも可能です。

ちなみに、充電時間はフル充電まで1時間20分ほどかかりました。

前モデルのband3だと2時間くらいかかってしまっていたので、かなり早くなりましたね。

しかも充電始めの充電速度が早めで、10分ほどで20%くらいチャージされます。急ぎのときに便利ですね。

 

 

Miスマートバンド4の通知は使えるのか?

スマホに着信や各種アプリの通知があると振動でお知らせしてくれます。
腕時計で通話することはできませんが、着信を切ることはできます。

また各種アプリの通知は、Mi Fitで設定したアプリの通知を表示させることができます。

 

通知方法は、Mi Fitのアプリから選べばOKです。

アプリ通知の設定
アプリ→プロフィール→マイデバイス→Mi スマートバンド4→アプリ通知

 

 

 スポンサーリンク

Xiaomi Miスマートバンド4の残念なポイントと感想

今回の検証で残念なポイントがいくつかみつかりました。

残念ポイント
  • 充電時はバンドから外さなくてはならない
  • 音楽コントロールはスマホで再生中でないと機能しない
  • 急な用事で川に飛び込む人が続出する恐れがある

充電は20日に一回といえど、毎回バンドから外さなくてはいけないのは正直面倒ですね。
次回作では是非改善してもらいたいところ。

音楽コントロールは今回の進化ポイントでもあるんですが、Miスマートバンド4で音楽アプリの起動までできたら、さらに良かったですね。

 

あと非常に心配なのが、防水だからといって川に飛び込む人が続出することです。

川は危険なので、飛び込んではいけませんよ。

 

 

さーて、ここまでMiスマートバンド4を検証してきましたが、さすがに数万もするスマートウォッチほどではないにしても、3500円という低価格にも関わらず、ここまでの機能を盛り込まれているのは驚愕に価するのではないでしょうか。

機能が充実していて十分に使えるMiスマートバンド4はコスパ最高な入門機種といえます。

ぜひ一度チェックしてみてください。

Xiaomi Miスマートバンド4
デザイン
(3.0)
バッテリー性能
(5.0)
機能性
(3.5)
値段
(5.0)
総合評価
(4.0)

 

河川敷からは以上です!

 

created by Rinker
シャオミ(Xiaomi)
¥3,199 (2021/03/02 03:10:31時点 Amazon調べ-詳細)

2 COMMENTS

abe

「Miスマートバンド4の通知は使えるのか?」の下の写真のことで質問があります。
「腕時計で通話することはできませんが、着信を切ることはできます。」とありますが、この写真のバンド4表示上部を押すとスマホ本体で受話し、下部を押すと着信拒否するとの理解でよろしいでしょうか

返信する
dezu

着信時は、上部の赤いボタンが”電話を切る”もので、下部のボタンは”バンドの振動を止める”ものです。

よって、電話に出ることはできません。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です