今日の amazon「タイムセール」はこちら!!      

【WordPress】記事IDがどんどん増えるのはなぜ?プラグインなしで解決する方法

 

「WordPressで10記事しか書いてないのに記事IDが100超えちゃった」

「プラグインや設定で記事IDを使いたいけど、気付いたら1000超えてる!なんでだ!?」

 

という疑問をお持ちではないですか?

 

 

放っておくとどんどん増えてしまうWordPressの記事IDですが、実は簡単に解決できます。

できれば大きく膨れ上がる前に対策したいものです。

そこで、この記事では記事IDの制御についてのお悩みを解決します。

 

具体的には

・WordPressの記事IDが増える理由

・IDの増殖を解決するためには

・プラグインを使いたくない人は?

の順番にご紹介します。

2分くらいで読めますし簡単に実践できますので、まずはご一読ください。

 

WordPressの記事IDが増える理由

 

放っておくとどんどん増えるIDたち

まるで

”入れすぎたすぎた増えるワカメ”のような
”倒しても倒してもすぐに集まってくるドラクエのスライム”のような存在ですね。

 

なぜこんなにも増えるのでしょうか?

 

実は、wordpressでは記事を作成しているときに”リビジョン”という投稿履歴を自動的に作成しています。
そして、その投稿履歴のひとつひとつに、せっせとIDをふってくれているのです。

 

リビジョンは、記事を前の状態に戻したいってときに履歴をたどって戻すことができる便利な機能なんですが、弊害としてIDの増殖が起こります。

 

そう、つまりあなたが記事を考えている裏では、IDたちはどんどん増えてしまっていたというわけなんですね。

 

 スポンサーリンク

IDの増殖を解決するためには

さて、では記事IDを増やさないためにはどうしたらいいのかを解説していきます。

 

対策は簡単です。

リビジョンが作られるとIDが増えてしまうので、リビジョンを作らせなければいいんですね。

 

そこで、紹介するのが次のプラグインです。

「Revision Control」

このプラグインは、リビジョンをコントロールできるようになるものです。

 

ついでにもう一つ紹介します。

「Better Delete-Reviton」

これは、溜まってしまったリビジョンのデータはサーバーを圧迫しますので、それらを削除してデータを軽くするプラグインです。

 

 

Revision Control

Revision Control
このプラグインでは、作られるリビジョンの数をコントロールすることができます。

これによって、

  • IDの増殖を抑える
  • データベースの圧迫を減らす

 

というメリットがあります。

設定では、「リビジョンの最大保存数」を変更することができ、「投稿リビジョンを保存しない」を選択することでリビジョンさせないこともできます。

ちなみに、私はリビジョンを作成させずに作業してます。

 

Better Delete-Reviton

Better Delete Revision
このプラグインでは、作られたリビジョンを一括削除することができます。

メリットとしては、大量のリビジョンを削除し、データベースを軽くすることができます。

 

 スポンサーリンク

プラグインを使いたくない人は?

「リビジョンのためにプラグインを増やしたくない」「もっと簡単に停止させたい」
という方には、「wp-config.php」を編集する方法もあります。

 

PHPファイルを編集しますので、必ずバックアップをとってからしてくださいね。
「wp-config.php」は、管理画面の「テーマの編集」では出てきませんので、FTPソフトなどを使用して編集します。

「wp-config.php」に以下のコードを追記すると完了です。

 

define(‘WP_POST_REVISIONS’,false);

 

ただし、この方法はwordpressのバージョンアップ毎にやり直す必要がありますので、注意してください。

 

終わりに

この設定は、なるべく初期にすると効果が高まりますので、ぜひ導入してみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です