今なら6/22まで4ヶ月無料で7,000万曲が聴き放題!!! Amazon Music Unlimitedはこちら!!

スピーカーとひとつになった一体型完全ワイヤレスイヤホン「LUA」レビュー|驚きの高音質スピーカーで音楽をもっと楽しもう

URLをコピーする
URLをコピーしました!

 

今回は、ひとりでもみんなでも、これひとつで楽しめるワイヤレスイヤホンのご紹介です。

 

イヤホンやワイヤレススピーカー、Amazon EchoのようなAIスピーカーなどいろんな方法で音楽を聴くことができます。音楽を聴きながら散歩したり、みんなでおしゃべりしながらBGMとして音楽を流したり、昔に比べて音楽を聴く方法の選択肢はかなり広がりました。

でも、いろんな聴き方をするには、イヤホンやスピーカーなどいくつか持ち歩く必要があって荷物が増えてしまう。どうにかコンパクトにどんな使い方もできるオーディオはないかな…

 

そんなユーザーの声から生まれたのが、
DPA Companyの完全ワイヤレスイヤホン「 LUA ルア です。

 

このイヤホンの最大の特徴は、イヤホンとスピーカーが一体化していること。

 

イヤホンを収納していたケースは、これまで“ただ充電するだけのケース”でしたが、そこにスピーカー機能を持たせたことで一気に使い方が広がりました。
「LUA」さえあれば、ひとりで聴くときはイヤホンで、みんなで楽しむときはスピーカーで、という風にいろんな使い方が一つのイヤホンでできるんです。

しかも、機能だけでなく友達についつい自慢したくなるようなオシャレなデザインにも注目です。

 

ということで今回は、イヤホンとスピーカーがひとつになった理想形の完全ワイヤレスイヤホン「 LUA ルア」をご紹介します。

 

 

 

 

DPA Companyとは?

2017年に韓国で設立され、利便性、機能性、デザイン性を兼ね備えた家電製品に焦点を当てたライフスタイル家電メーカー。 すべての製品は自社で設計されており、中には自社で製造する製品もある。 韓国、日本、欧米市場で展開中。


 

TOTAL

3.3/5.0

DPA Company「LUA」

  • イヤホンとスピーカーが一つに
  • クリアで迫力ある高音質
  • 生活防水IPX6で水に強い
  • 装着感が軽い
  • タッチの精度が若干悪い
  • スピーカーのペアリング時の音が大きい
  • 単純に価格が高い

4.0

音質

4.0

装着感

2.5

接続

2.5

通話

4.0

防水

3.0

バッテリー

理想を実現したQUALCOMM搭載2in1完全ワイヤレスイヤホン&スピーカー「LUA」

この記事は、LISTYC Corp様から製品をご提供いただき作成していますが、欠点も含めてしっかりと書いていきます。

CONTENTS

スピーカー&イヤホン「LUA」
スペックとデザイン

パッケージには、LUAのロゴがゴールドでデザインされていて高級感のある雰囲気。これはプレゼントされたらテンション上がっちゃいます。

 

セット内容はシンプル。

セット内容
  • イヤホン
  • スピーカー&ケース
  • イヤーピース 3サイズ
  • 充電用USB-Cケーブル
  • 説明書

 

スペック

イヤホンの主なスペックはこちら。

項目スペック
チップセットQualcommQCC3020
(TWS Plus対応)
ドライバー6mm振動板
ダイナミックドライバー
Bluetoothver.5.0
対応コーディックaptX/AAC/SBC
インピーダンス16Ω
感度95±3dB
重量片側4g
連続再生時間5時間(音量60%)
充電ケース併用45時間
急速充電8分で1時間使用可能
充電時間40分
防水性能IPX6
マルチペアリング
マルチポイント
外音取り込み
ANC

 

続いてスピーカーのスペックがこちら。

項目スペック
Bluetoothver.5.0
重量80g
サイズ64×64×47mm
バッテリー容量650mA
連続再生時間5時間(音量90%)
ドライバー6mm
感度95±3dB
周波数範囲30~5000Hz
定格出力3W
最大出力5W
マルチポイント

 

デザイン

高級感があるケースで、デスクに置いてるだけでキマるデザイン。

 

スピーカー周りのシルバーの部分は、金属のように見えますがプラスチック。
スピーカー部分にはブラックの布カバーがついていて、中央の「LUA」のロゴが良い感じ。

 

プラスチック製なので、重さはかなり軽くて実測で91gしかありません。
仕様より少し重め…

 

サイズは64×64×47mm。
高さがあるので、ポケットに入れるのは厳しいですが、スピーカー付きにしてはコンパクトにまとまってます。

 

正面にはLEDインジケータとペアリングボタンが配置。
このインジケータでバッテリー残量がわかるようになっています。

このスピーカーは、なんと5時間(音量90%時)も連続使用ができるので、映画2本分を余裕で見ることができます。

収納ケースとしては、イヤホンを40時間分充電できる容量を持っていて、USB-Cケーブルで1.5時間充電すればフル充電できるので、バッテリー性能としては十分でしょう。

 

フタを開けると、イヤホンが浅めに収納されているので、簡単に取り出すことができます。また、ケースには磁石がついているので、軽く置くだけで充電ポジションについてくれます。

ケースからイヤホンを取り出すと、自動で電源が入ってペアリングします。

 

イヤホンは、シンプルながらシルバーのアクセントと光沢あるブラックで高級感があるデザインで、まるでアクセサリーのようです。

このイヤホンは、生活防水IPX6を持っているので、水没さえしなければ水に耐えてくれます。ただし、ケースは防水ではないので注意。

 

この丸い部分がタッチボタンになっていて、音量調節や曲送りなどスマホなしで操作が可能です。
ただ、音声アシスタントの起動ができないのが残念でした

 

操作一覧

操作効果
左/右1回タッチ再生/一時停止、受話/終話
左2回タッチ曲戻し、着信拒否
右2回タッチ曲送り、着信拒否
左長押し音量ダウン
右長押し音量アップ

 

装着してみるとこんな感じ。スティックタイプなので、あまりホールドは強くないものの、頭を振ったりランニング程度では全く外れません。


重さは実測で5g。ワイヤレスイヤホンの中では軽量クラスで、イヤーピースもつけ心地が軽いので、疲れにくく違和感も少ないですね。

 

ペアリング方法

イヤホンとスピーカーはそれぞれペアリングする必要があります。

それぞれは別の端末に同時に繋ぐことはできますが、同じ端末だとどちらかしか使えません。

 

準備
ケースからイヤホンを取り出す

ケースからイヤホンを取り出すと、LEDが点滅してぺリングモードになります。

ペアリング完了
端末のBluetooth設定から「LUA-Earphone」を選択する

接続する機器のBluetooth設定から「LUA-Earphone」を選択するとペアリングが完了します。

Androidの場合
[接続済みのデバイス→新しいデバイスとペア設定する→「LUA-Earphone」]の順に選ぶ
iPhoneの場合
[設定→Bluetooth→「LUA-Earphone」]の順に選ぶ

2台目からは、1台目のBluetoothをオフにしてイヤホンを取り出し、2台目の端末で「LUA-Earphone」を選択すればペアリングできる。

 

準備
ケース正面のボタンを長押しする

ケース正面のボタンを長押しすると、「ピコン」って音とともにペアリングモードになります。

ペアリング完了
端末のBluetooth設定から「LUA-SpeakerSpeaker」を選択する

接続する機器のBluetooth設定から「LUA-SpeakerSpeaker」を選択するとペアリングが完了します。

Androidの場合
[接続済みのデバイス→新しいデバイスとペア設定する→「LUA-SpeakerSpeaker」]の順に選ぶ
iPhoneの場合
[設定→Bluetooth→「LUA-SpeakerSpeaker」]の順に選ぶ





 スポンサーリンク

スピーカー&イヤホン「LUA」
かなりパワフルなスピーカーだ

LUAは、5Wという高出力のスピーカーを搭載していて、スマホと比べて倍以上の音量で迫力ある音を出すことができます。

この音量は、だいたい60%でスマホのMAXボリュームと同じくらいですので、十分すぎるほどのパワー。

 

また、僕の場合は、リラックスしたいときに小音量で音楽を流すことが多いですが、最小音量がかなり小さくできるので、寝る前のBGMとしても使いやすかったですね。

 

それぞれの音量を測ってみた結果がこちら。
最小音量である29dBから最大音量63dBほどまで調節することができました。

 

 

スピーカーの音質は、さすがに重低音のズンズンとした振動は弱いものの、小さいスピーカーなのに安っぽい感じはせず、クリアなサウンドでしっかりと聴かせてくれます。

音量を大きくしても、音割れすることなくしっかりと聴けました。屋外で聴いても満足いくレベルのスピーカーかなと思います。

 スポンサーリンク

スピーカー&イヤホン「LUA」
イヤホンの音質が意外と良い

「LUA」には、QualcommのエントリーモデルSoCであるQCC3020が搭載されていて、aptXとAACの両方のコーディックに対応しているので端末を選ばず高音質での再生を可能にしています。

 

実際の音質は、低音域が強めの音質でドラムやベースの振動をよく感じることが出来ます。それでいて中音域も前面に出てクリアなので、ボーカルをしっかりと聴くことができる良音です。

初めに聴いたときは、低音の迫力に「おおっ」っとなりましたし、普通にいい音だなって感じです。低音に比べると、高音域が控えめで若干抜け切れていない感じがしますが、オーケストラの演奏も気持ちよく聴けてバランスの良さを感じます。

音場については、方向感があって、各音の抑揚がよく表現されているので、空間の広がりも感じます。

スピーカー&イヤホン「LUA」
接続性能と通話

ワイヤレスで重要になってくる接続性能。この性能が悪いと、曲が途切れたり、大きな遅延が発生したりして、快適とは程遠くなります。

接続性能

ということで、まずはスピーカーから検証した結果がこちら。

検証内容LUASONY
WF-1000XM3
audio-technica
ATH-CKS5TW
妨害影響範囲2.5m3.4m1.7m
遅延感じない 少し感じる わずかに感じる
最大接続距離 9m65m以上 50m以上
接続範囲スマホ周囲
7m
階を移動すると、
場所によっては途切れる
2階から庭先5mまで

 

スピーカーの接続は、はっきり言って弱いですね。

他の電波の影響は比較的受けにくいようですが、スマホから離れると途端に不安定になります。同じ部屋であれば問題ありませんが、7mほど離してしまうとノイズが入り出してしまいました。

 

ディズ
ディズ

せめてワンフロアくらいは繋がっていてほしかったな…

 

 

では、気を取り直してイヤホンも検証してみましょう。結果はこちら。

検証内容LUASONY
WF-1000XM3
audio-technica
ATH-CKS5TW
妨害影響範囲3.8m3.4m1.7m
遅延わずかに感じる少し感じる わずかに感じる
最大接続距離 65m以上65m以上 50m以上
接続範囲2階建て建物全体階を移動すると、
場所によっては途切れる
2階から庭先5mまで

 

こちらはスピーカーとは違って、他の電波に少し弱いようです。駅など電波が多い場所での使用になると少し心配になりますね。

それとわずかに遅延も感じましたが、これはよく見ないと分からないほどなので、動画視聴にはほとんど影響はないレベルです。

 

優秀だったのが接続距離

まず、家の中であればどこにいても問題なく使うことができるので、自由に音楽を聞きながら家事や仕事ができます。

そして、最大接続距離も65m以上繋がっているので、ベンチにスマホを置いてテニスをしたり、短距離ダッシュやシャトルランができます。運動しているときは、どうしてもスマホが気になりますが、これならスマホを持たずに済みますので快適ですね。

 

 

イヤホンの通信が、周囲の電波に阻害されずに使える範囲で、小さいほど接続が強力で途切れない。

起動中の電子レンジに影響されず、どこまで近づけるかを確かめる。電子レンジに近づけば妨害電波が強くなるので、実験結果の距離が近いほど強い接続性能を持っていることになる。

参考数値(あくまで独自の参考値になります)
標準  5m前後
良   2~3m
最良  2m以下

動画を視聴して口元のズレを確かめる。

4段階評価
感じない > わずかに感じる > 少し違和感がある > 違和感を覚える

障害物がない直線距離でどれだけ離れられるかを検証したもの。
判定基準は、頭を振ってもまったく途切れない音質を維持できた距離。

障害物がある状態での接続範囲。
2階建て木造住宅の2階にスマホを置き、どんどん離れて行き、途切れたポイントを測定する。

4段階評価
ドア〇枚 > ワンフロア全体 > 2階建て建物全体 > 屋外へ庭先○m

 

 スポンサーリンク

スピーカー&イヤホン「LUA」
気になったポイント

ここからは「LUA」を使ってみて、いくつか気になるポイントがありましたので、まとめてみました。

気になったポイント
  • タッチの精度が若干悪い
  • スピーカーのペアリング時の音がでかい
  • 単純に価格が高い

 

タッチの精度が若干悪い

イヤホンのタッチボタンは、基本的にはちゃんと反応します。

 

ですけど、

たまに思ったとおりに操作ができないときがあって、完璧とは言いづらい精度なのが残念。

 

例えば、2回タッチで曲送り/戻しができるのですが、たまになぜか直前の通話履歴に電話をかけてしまうことがあって、慌てて電話を切る必要がありました。

それと、音声アシスタント起動ができないことと、イヤホンを着脱するときにボタンに触れて誤操作してしまうのも、何気に気になりましたね。

 

タッチの感度は悪くないのに、なぜかどことなく使いづらい…そんなボタンでした。

 

スピーカーのペアリング時の音がでかい

スピーカーがペアリングモードになると「ピロンッ」という音がなるんですが、これがかなりの大音量でうるさいんです

ペアリングの音が大きすぎるので、夜中に家族が寝ているときに使うのを躊躇するくらい。

 

ディズ
ディズ

せっかく小音量で聴けるんだから、音量を調節できるようになるといいのに…

 

単純に価格が高い

「LUA」は、現在クラウドファンディングBoosterで36%オフの19,008円で販売されていますが、定価は29,700円となかなかの高額。

音質はかなりいいし、スピーカーも綺麗に聴けるので非常に便利なのですが、単純に高額なので手を出しにくいんじゃないかなって感じます。

スピーカー&イヤホン「LUA」
高いけどスピーカー付はやっぱり便利

最後に「 LUA ルア 」の 良いところと、気になったところをまとめてみました。

 

LUAのココがいいね
  • イヤホンとスピーカーがひとつになった
  • クリアで迫力ある高音質
  • 生活防水IPX6で水に強い
  • 装着感が軽い
LUAのココが残念
  • タッチの精度が若干悪い
  • スピーカーのペアリング時の音がでかい
  • 単純に価格が高い

 

タッチの使い勝手やスピーカーペアリング時の音量には少し難があるものの、スピーカーをコンパクトに持ち歩けるのはやっぱりいいですね。

外出先で簡単に曲を流すことができますし、そもそもスピーカーがあればイヤホンをつけなくてもいい。ガッツリ聴きたいときはイヤホンで集中して聴けて、選択の幅が広がります。

しかも、イヤホンの音質はハイエンドモデル並みの高音質ですし、スピーカーも迫力ある音量を出すことができるので、映画やゲームにもピッタリ。これでゲームしてみると、スマホのスピーカーとは違う迫力のサウンドになりました。

 

値段が高いのでちょっと手を出しにくいですが、買って後悔しないレベルの音質なので、もし余裕があるなら購入を検討してみてはいかがでしょうか?

LUAは、クラウドファンディングの「BOOSTER」で販売中ですので、くわしくは特設ページで確認してみてください。

   

ということで今回は、スピーカーと一体になった珍しいタイプの完全ワイヤレスイヤホン「LUA」をレビューしてみました。

スピーカーとイヤホンを2台持ちしてるなら、この機会にひとつにまとめてはいかがでしょうか。

 

スピーカー&イヤホン「LUA」
よくある質問

よくある質問もまとめてみましたので、参考にどうぞ。

 

A.スピーカーとイヤホンをそれぞれ別のデバイスとペアリングさせて同時に使うことは可能ですが、同じデバイスに繋いだ場合は、どちらか一方だけの使用になります。
また、イヤホンは左右独立ペアリング機能で片方ずつ使用できます。

A. 一度に1つのデバイスのみ接続できます。

A.どちらのOSでも使用することができます。

A.Bluetooth 5.0を搭載しており、仕様では、障害物がない場合は10mの無線範囲を持ちます。

A.充電中でも使用可能です。

A.IPX6は、生活防水の中で最も高いレベルで(波など強力に降り注ぐ水の流れにも防水可能)、運動中の汗や雨を防水できます。
※完全防水ではないので、水没には対応していません。

A.スピーカーは防水ではありません。

A.初期不良は新品と交換致します。保証期間は、お届け後1年です。ただし初期不良以外の使用による不具合は有料での修理になる場合があります。

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CONTENTS
閉じる