今日の amazon「タイムセール」はこちら!!      

【Lenovo Legion Y740(17)使用感レビュー】感想はコスパがいいゲーミングノートPC|重量級3Dゲームを快適に遊べて動画編集も良い感じでした

どうも。
FPSゲームで遊んでるとドキドキが止まらないディズ(@_MONOGREAT_)です。

 

一昔前までPCゲームと言えば、デスクトップPCで遊ぶものでしたが、今はノートPCでも様々なゲームができるようになりました。

とはいえ、ノートPCでは重量級3Dゲームの動きはまだまだ悪く、ハイスペックなPCが必要なのが現実。そして、ハイスペックなPCは値段が高くて手が出せない…

 

だが、LENOVOは違います。

LENOVOなら、ハイスペックなゲーミングノートPCが手頃な価格で手に入れることができます。

それがLenovo『Legion Y740』です。

Lenovo Legion Y740(17)

 

このLegion Y740は、ハイスペックモデルなのに他社にくらべて安く手に入れることができて、重量級3Dゲームも楽々動かせるLenovo最上位モデルのノートPCです。

Legion Y740の詳細なスペックなどは公式サイトをご覧下さい。

 

 

このPCはこんな人にオススメです。

ディズ
ディズ

カクつく3Dゲームにウンザリしている

ゲームだけでなく仕事にもストレスなく使いたい

Legion Y740なら重いゲームはもちろん、クリエイティブな仕事にだって大活躍できます。

 

ゲームについては、綺麗な映像を映し出すリアルタイムレイトレーシングや軽い動作で高画質を実現するDLSSに対応したGeForce RTX 20シリーズMax-Q Designを搭載しているので、高画質なのに軽い動作でプレイできます。

しかも、144Hz駆動・G-SYNCに対応している15.6~17.3インチのディスプレイで、カクつかないスムーズなゲームが楽しめました。

 

ということで今回は、コスパがいいのに重量級3Dゲームも楽々できるゲーミングノートPC「Lenovo Legion Y740」をレビューしていきます!!!

 

メーカーからご協力を頂きました
今回のレビューは、メーカー様から貸出機(81UJ002MJE)をお借りしてレビューしています。

Lenovo Legion Y740レビュー
特徴をまとめてみた

まずはLegion Y740の特徴から見ていきましょう。

 

Legion Y740の主な特徴
  • GeForce RTX 20シリーズMax-Q Design搭載
  • G-SYNC対応の144Hz駆動ディスプレイ
  • ハイスペックノートPCの中で比較的安い
  • LEDイルミネーションのカスタムが可能
  • OSやキーボードが英語仕様

 

GeForce RTX 20シリーズで別格の映像表現

LenovoにはLegion Y740の下位機種としてY540があって、それぞれに搭載されるGPUに違いがあります。

Legion Y740は、GeForce RTX 20シリーズ(2070と2080はMax-Q Design)
Legion Y540は、GeForce GTX 1650/NVIDIA GTX1660Ti 

をそれぞれ搭載しています。

GPUとは?
Graphics Processing Unit(グラフィックス プロセッシング ユニット、略してGPU)
簡単に言うと、ゲームなどのグラフィック処理専用に使用されるチップで、CPUが行う処理をGPUで行うことで処理速度や解像度が上がりゲームなどのクオリティを上げることができる。
GPUがないPCの場合は、オンボードと呼ばれCPUで処理するため負担が多く、重いゲームではカクついたり、フリーズしてしまう原因となる。

 



このGeForce RTX 20シリーズでは「リアルタイムレイトレーシング機能」に対応していることが最大の特徴で、太陽などの光の動きを忠実に再現することで、よりリアルな映像表現が可能になります。

レイトレーシングOFF
レイトレーシングON
GeForce RTX 20シリーズMax-Q Designとは?
ノートPC用のGeForce RTX 20シリーズは、ノートPC用にスペックを抑えたGPUで、デスクトップ用よりもやや性能は劣る。特に「GeForce RTX 2070」「GeForce RTX 2080」はMax-Q Designであるため、無印の20シリーズに比べてさらに性能は抑えられている。そのかわり薄型で静かな駆動を可能としたGPUで、従来のような重厚なノートPCとは異なるものになっている。

 

リアルタイムレイトレーシング機能を使うと、こんなにも映像が変化します↓


さらに、GeForce RTX 20シリーズは「DLSS」に対応してる点も注目です。

まさにハイスペックモデルらしい別格の映像体験ができますよ。

「DLSS」とは?
GeForce RTX 20シリーズのみに搭載されている機能で、ゲーム映像をより低負荷かつ精細に表現することができる。
これは、AIに超高画質と荒い画質との違いをひたすら学習させ、そのデータを元に荒い画質でも超高画質な映像を表現してくれる技術である。

 

ちなみに、GeForce RTX 2080 Max-Qのベンチマークはこちら。

Lenovo Legion Y740(17)のベンチマーク
RTX 2080 Max-Q


GeForce RTX 20シリーズMax-Q Designは、デスクトップPC用に比べて3割ほどスペックが落ちるようですが、重量級のゲームでも十分な速度を出してくれます。

グラフィックス性能の比較
3DMark Time Spy
  • デスクトップ用RTX 2080 10676
  • デスクトップ用RTX 2070 8748
  • RTX 2080 Max-Q 7207

17インチ・G-SYNC対応の144Hz駆動ディスプレイでなめらかな3Dゲー厶を体験できる

Legion Y740では、一般的なノートPCのサイズである15.6インチのほかに、17.3インチという大画面のディスプレイを選ぶこともできます。

どちらのディスプレイも、VRR技術のひとつである「 G-SYNC ジーシンク 」に対応したIPS液晶で、画面のちらつきやカクつきがない快適な3Dゲームが可能になっています。

VRR技術とは?
「Variable Refresh Rate」の略で、ディスプレイ側の映像をCPUのフレームレート(単位時間あたりに処理させる「コマ」の数のこと。fpsで表現される)に合わせる技術であり、これによりカクつき(スタッター)や画面ずれ(ティアリング)が解消される。
開発するメーカーによって名前が違っていて、GeForceなら「G-SYNC」、Radeonなら「FreeSync」という規格が該当する。

 

また、G-SYNCに加えて144Hz駆動のディスプレイ(1秒間に144枚の画像が表示できる)によって、RTX 20シリーズの性能を最大限に引き出してくれます。

実際にPUPG liteをプレイしてみましたが、最高画質でプレイして200fps前後のフレームレートでも、カクつくことなく超スムーズなプレイが出来ました。

ハイスペックノートPCの中でも比較的安い

Legion Y740は、ハイスペックなノートPCの中でも比較的安いのも魅力のひとつ。他社の競合製品と比べると、Legion Y740のコスパの良さが分かります。

製品名Lenovo
Legion Y740(17)
DELL
ALIENWARE M17
Razer
Razer Blade Pro
CPUCore i7-9750H
GPURTX 2080 Max-Q
メモリ16GB
ストレージ512GB SSD
液晶17.3型 FHD 144Hz
価格¥285,219¥377,480¥338,800

LEDイルミネーションはCorsair®iCUEでカスタム可能

Legion Y740のキーボードやファン、Legionのロゴ部分には、ゲーミングPCらしくLEDイルミネーションが搭載されています。

Lenovo Legion Y740(17)ロゴ
「O」の部分が光る
Lenovo Legion Y740(17)イルミネーション
ファン部分もばっちり光る
Lenovo Legion Y740(17)インジケータ
背面の表示もついでにとにかく光る
Lenovo Legion Y740(17)キーボード
初期設定のキーボードはレインボー。動きや色は変更できる。

デフォルトでは、レインボーに輝くイルミネーションは「Corsair®iCUE」によって自由にカスタムできるようになっています。ゲーミングっぽくない光に変えられるので、ビジネス用途にも違和感なく使えます。

もちろんOFFにすることもできます。

英語版Windows 10・英語配列キーボードに注意

Legion Y740に搭載されている初期OSは「英語版のWindows 10」ですので、初回起動時に日本語へ切り替えが必要になります。

とはいえ、マニュアルを見ながら設定すれば、普通に日本語版と変わりませんので安心してください。詳しくは、『Legion 英語OSモデル セットアップ・日本語化設定マニュアル』を参考にどうぞ。

 

それと、キーボードが英語配列なのも注意が必要です。

Lenovo Legion Y740(17)キーボード配列

キー変換・かな表記がない、エンターキーが小さいなど、日本語配列とは違いますので一度確認しておいたほうがいいですね。

 スポンサーリンク

Lenovo Legion Y740レビュー
スペックと外観

Legion Y740は、構成をある程度自分で組み替えて注文することもできます。
いわゆるBTOパソコンというものです。
選択できるスペックは以下のとおり。

 

Legion Y740のカスタム選択一覧

項目選択内容
価格207,834~320,595
CPUインテル Core i7-8750H プロセッサー (2.20GHz 2666MHz 9MB )
インテル Core i7-9750H プロセッサー (2.60GHz, 12MB)
GPUNVIDIA GeForce RTX 2060 (6GB GDDR6 192bit)
NVIDIA GeForce RTX 2070 (8GB GDDR6 256bit Max-Qデザイン)
NVIDIA GeForce RTX 2080 (8GB GDDR6 256bit Max-Qデザイン)
初期導入OSWindows 10 Home 64bit
Windows 10 Pro 64bit
導入OS言語Windows 10 Home 64bit – 英語版
メモリー8GB PC4-21300 DDR4 SODIMM
16GB PC4-21300 DDR4 SODIMM (8GBx2)
32GB PC4-21300 DDR4 SODIMM (16GBx2)
ストレージ1TB ハードディスクドライブ 7200rpm 2.5インチ 7mm
512GB~1TB ソリッドステートドライブ (M.2 2280, PCIe-NVMe)
ディスプレイ17.3型FHDIPS液晶(1920×1080 IPS 300nit)
LEDバックライト、光沢なし、144Hz
キーボード英語配列キーボード(バックライト付、 RGB)
カメラ720p HDカメラ(マイクロフォン付)
バッテリー4セル リチウムイオンバッテリー (76Wh)
電源アダプター230W ACアダプター
無線LANアダプターIEEE 802.11 ac/a/b/g/n ワイヤレスLAN (WiFi準拠), Bluetooth

 

今回のレビュー機のスペック
  • Windows 10 Home 64bit (英語版)
  • インテル® Core™ i7-9750H プロセッサー2.60GHz(ターボ時4.50GHz)
  • メモリ32GB PC4-21300 DDR4 SDRAM SODIMM
  • SSD(PCIe NVMe/M.2) 1TB HDD 1TB
  • NVIDIA GeForce RTX 2080 (8GB GDDR6 256bit Max-Qデザイン)
  • 17.3型 FHD 光沢なしIPS液晶LEDバックライト付 (1920×1080ドット、144Hz、約1,677万色、Dolby Vision™、NVIDIA® G-Sync™)

 

外観をチェック

続いて外観のチェックをしてみましょう。

Lenovo Legion Y740(17)天板

まずは、外装から。
表面をマッドに仕上げたメタルブラックカラーで、金属製の天板が採用されていて高級感があります。

 

Lenovo Legion Y740(17)サイズ

奥行きが30.5cmあるので、机のスペースを取ります。
本体重量は約3㎏で、ゲーミングノートPCとしては軽いほうでした。

 

Lenovo Legion Y740(17)コード

しかし、コードが重い!!!

約1kgもありますので、移動するときは落とさないように注意しないといけません。

 

Lenovo Legion Y740(17)ロゴ

天板には鏡面仕上げされたロゴが施されています。

 

Lenovo Legion Y740(17)背面

背面ポートには、電源コネクターやイーサネット・コネクターを用意されていて、USBもあるので、必要なコード類はすべて背面ポートで賄うことができそうです。

HDMIとUSB、Mini-DPで最大で3つのモニターを使うことができます。

背面ポート
1. MiniーDisplayPort
2. HDMI
3. USB 3.1
4. イーサネット・コネクター(RJ-45)
5. USB 3.0
6. 電源ジャック

 

Lenovo Legion Y740(17)端子左

左側面には、次の端子がついてます。
マイクロフォン・ヘッドフォン・ジャック
USB3.1 Type-C(Thunderbolt™ 3)

このThunderbolt™3対応ポートでは、映像出力もできるので簡単にディスプレイを追加でつなげることが出来ます。

Thunderbolt3とは?
映像出力も可能にしたUSB-typeCの出力端子。
Optimus Technology(オプティマス テクノロジ) GPUの切り替え技術のことで、チップセットやCPUに内蔵されたグラフィックス機能(以降IGPと呼称)とNVIDIAの単体GPU(以降dGPUと呼称)の両方を搭載し、それらを任意に切り替えて利用する技術である。
Lenovo Legion Y740(17)端子右

右側面には、USB3.0(Powered USB)ポートがあります。

 

Lenovo Legion Y740(17)開口角度

背面ポートが少し出ているので、液晶が開く最大角はここまでが限界。

 

Lenovo Legion Y740(17)背面

底面には、「Dolby Atmos」にも対応したスピーカーとファンの通気口があります。

 

Lenovo Legion Y740(17)スピーカー
スピーカーは両側面に

このスピーカーは、Dolby Atmos® Speaker System for Gamingを搭載していて、20%程度の音量でも十分周囲に聞き渡るほど力強いです。100%にするとうるさくて聞いていられないほどの爆音になります。

ただし、音量を上げると、少しこもった感じになるのが残念でした。

 

Lenovo Legion Y740(17)背面ロゴ

底面にもロゴがありました。

 

Lenovo Legion Y740(17)ディスプレイロゴ

Y740は、画面中央すぐ下に電源ボタンが設置されています。

 

Lenovo Legion Y740(17)ロゴ

さりげなくロゴが印字されているところがオシャレで好きw

 

Lenovo Legion Y740(17)カメラ
画面上部にはカメラ

HD740pの内蔵カメラが液晶画面の上部に設置されています。

このカメラは1280×720サイズの0.9MPで写真が撮れて、ビデオの場合は、720pの画質で16:9の映像が30fpsで撮影することができます。

テレワークなどで使用するには十分な画質ですね。

 

Lenovo Legion Y740(17)サイズ感
左がY740 右は15インチのLIFEBOOK

画面の大きさの比較です。

さすがに17インチは大きいですね。奥行450mmの机に置いて、ぼくがいつも使っている15インチのLIFEBOOKを隣に置くと、17.3インチの液晶画面の大きさが分かると思います。

 

Lenovo Legion Y740(17)ディスプレイ彩度
左がY540 右がY740

下位機種であるY540と比較してみました。

同じ17インチですが、Y740のほうが全体的に一回り大きくなっています。Y540のベゼルの細さがよく分かりますね。

Lenovo Legion Y740(17)ディスプレイ彩度2

IPS液晶を側面から見てみます。奥がY540で手前がY740です。
どちらも最大光輝にしていますが、Y740のほうが明るく発色が自然。

 

Lenovo Legion Y740(17)キーストローク

キーストロークは1mmほど。若干浅めな印象ですが違和感があるわけではなく、しっかりと押した感触がありました。 

 

Lenovo Legion Y740(17)キーピッチ

キーピッチは19mm。平均的なキーボードと言えます。入力の音は消音されているので、激しく入力してもうるさくありません。

このキーボードは、全キーアンチゴーストに対応、1ミリ秒未満の応答時間にバックライト付きの防水仕様という高性能キーボードです。

 

Lenovo Legion Y740(17)キーパッド

タッチパッドは縦5cm✕横10cmで、クリックボタンが別途ついているタイプです。

 

Lenovo Legion Y740(17)キーパッドのストローク

このクリックボタンは、キーストロークが1.5mm程度と深く、しっかりと押す必要がありますが、軽いのでダブルクリックには問題ありません。

 

バッテリーをチェック

内蔵バッテリー(71Wh)の駆動時間は4時間ということなので、どれほど使えるか試してみました。

バッテリーチェックの条件

テストゲーム:PUBG lite

ゲーム設定:ウルトラ画質・FPS無制限

バッテリー設定:高パフォーマンスモード

この条件で20分プレイしたところ、バッテリー100%から66%まで減ってしまいました。

 

この条件だと、ほぼ1時間でほどでバッテリーが尽きてしまうようです。
高パフォーマンスモードでフル稼働させてしまうとさすがに厳しいみたいですね。

ただし、急速充電に対応していて、10分で約10%前後、フル充電まで1時間半程度で充電できるので、ちょっと休憩すれば再開できます

 

静音性のチェック

ネットサーフィンやYou Tube程度であれば、ほとんどファンの音はしません。

しかし、高負荷時のファンの音が結構大きくて、例えるなら「隣の部屋で掃除機使ってるんかな?」ってぐらいの音量。

プレイ中はゲームの音でほとんど聞こえなくなりますが、静かなところでは周りに迷惑かもしれません。

 

参考に音量を測ってみると

ファンの直近・・・60dB
操作者の顔付近・・・40dB

という結果になりました。
 

音量聞こえ方
40㏈静かな住宅地・深夜の市内・図書館
多少大きく聞こえる、通常の会話は十分に可能
60㏈普通の会話・チャイム・時速40キロで走る自動車の内部
非常に大きく聞こえうるさい、声を大きくすれば会話ができる

パーツの温度のチェック

FF15のベンチマークをリピートして各パーツの温度を測ってみました。
まずは、CPUの温度がこちら。

CPU温度

続いてGPUの温度がこちら。

GPU温度

電源ボタン付近の温度は、ずっと触ると火傷するくらいには熱くなっていました。

 スポンサーリンク

Lenovo Legion Y740レビュー
3Dゲームベンチマーク

ここからは、それぞれのゲームのベンチマークを測定です。

ゲームでは、1秒間に表示する画像数であるフレームレートが60FPS程度あれば、快適なプレイが可能です。このFPSが上がるにつれてより早く周囲の動きが分かるので、ゲームの勝利に一歩近づけますよ。

 

FF15のような重量級3Dゲームを4K解像度(3840×2160)にしてしまうと、さすがにプレイできるほどのスピードではありませんでしたが、FHD解像度(1920×1080)なら最高画質でも非常に滑らかにプレイできました。

全体的にかなり高いFPSを出してきているので、144Hzのディスプレイを存分に発揮できます。

ファイナルファンタジー15

FF15
解像度画質測定結果
1920×1080高画質7864 /82FPS/とても快適
標準画質10257/85FPS/とても快適
軽量品質12752/112FPS/とても快適
3840×2160最高画質(カスタム)3347/24FPS/普通
高画質3433/34FPS/普通
標準画質3747/37FPS/普通
軽量品質5503/49FPS/やや快適

FHD解像度であれば、最高画質でも60FPSを超えてきていて、非常に快適にプレイできました。

しかし、4K解像度にしてしまうと、途端に遅くなってしまいましたので、さすがに4Kではプレイは難しそうです。

ファイナルファンタジー14 漆黒のヴィランズ

「ファイナルファンタジー14 漆黒のヴィランズ」は中量級のMMORPGです。

FF14
解像度画質測定結果
1920×1080最高品質15548/非常に快適
高品質(デスクトップ)15869/非常に快適
標準品質(デスクトップ)18911/非常に快適
3840×2160最高品質6573/非常に快適
高品質(デスクトップ)7619/非常に快適
標準品質(デスクトップ)13880/非常に快適

4KでもFHD解像度でも、すべてにおいて非常に快適に動作するという結果になりました。
このレベルのゲームになると、余裕で最高画質でプレイができます。

PUBG lite

PUBG

「PUBG lite」は軽量級のFPSゲームになります。
実際にプレイしてみてFPSを測ってみました。

解像度画質測定結果
1920×1080ウルトラ210fps
3840×2160ウルトラ108fps
高画質140fps
中画質165fps
低画質231fps

FHD解像度だと、最高画質のウルトラでも210fpsをたたき出してくれました。

4K解像度でも、ウルトラで108fpsとかなりスムーズなフレームレートで快適にプレイできます。

FORTNITE

FORTNITE

「FORTNITE」も軽量級のゲームのひとつ。
FHDの最高画質でも100fpsを超えてきます。

 

解像度画質測定結果
1920×1080最高品質105fps
高品質135fps
3840×2160最高品質100fps
高品質145fps
中品質145fps

ただし、4Kの最高画質にするとカクつくことがありました。

3DMARK FireStrike(DirectX 11)

GPU(グラフィックボード)のベンチマークはこちら。

3DMARK FireStrike
グラフィックス性能の比較
3DMARK FireStrike(DirectX 11)
  • デスクトップ用RTX 2080 23784
  • RTX 2080 Max-Q 16085
  • デスクトップ用RTX 2060 13771

SteamVR Performance Test

VRの性能を測る「SteamVR Performance Test」もやってみました。

SteamVR Performance Test

スペックは十分すぎるほどのようで、VR利用も問題なく導入できるみたいです。

Lenovo Legion Y740レビュー
PCゲーム以外にも使ってみた

Legion Y740はゲーミングノートPCなので、ゲームに最適化されたPCなんですが、そのありあまるパワーを動画編集など他用途に使ってみました。

インターネットやMicrosoft Officeなどの軽作業

インターネットはタブを20以上開いてもサクサク閲覧できました。
Officeなどの事務ソフトも余裕で作業できます。

しかし、前述のとおりキーボードが英語配列なので、うまく使用するには慣れが必要そうです。

動画を編集する

動画編集ソフト「filmora9」を使って、動画(148MB・45fps・FHD解像度)の書き出し速度を測ってみました。

比較したノートPC(LIFEBOOK AH53/B3)のスペック
CPU:インテル Core i7-8550U プロセッサー (1.80GHz 2.0GHz)
メモリ:8.0GB

 

書き出し時間

製品名

書き出し先

所要時間

Lenovo Legion Y740
CPU インテル® Core™ i7-9750H 

デスクトップへの書き出し9:45
YouTubeへのアップロード19:40
LIFEBOOK AH53/B3
CPU インテル® Core™ i7-8550U
デスクトップへの書き出し16:46
YouTubeへのアップロード 26:15

ぼくのPCは、第8世代のCPUであるインテル® Core™ i7-8550Uを搭載した「LIFEBOOK AH53/B3」で、書き出しに16分46秒かかっていました。
それに対して、第9世代のCPU インテル® Core™ i7-9750H を搭載したLenovo Legion Y740なら9分45秒で書き出しが完了しました。

約40%も早く処理が出来ました。

 

続いて、FHD解像度でプレビューしてみました。

プレビュー完了時間

製品名

所要時間

Lenovo Legion Y740

CPU インテル® Core™ i7-9750H 

2:58

LIFEBOOK AH53/B3

CPU インテル® Core™ i7-8550U

16:32

ぼくのPCはメモリが8GBしかなく、16分以上もプレビューに時間がかかってしまいましたが、メモリ32GBの『Lenovo Legion Y740』なら、たったの3分で処理が終了してしまいました。

 

Twitterでも評価されている声がちらほらありました。

動画や音楽鑑賞

動画は17.3インチの大画面で非常に見やすく、液晶自体もきれいなので動画に夢中になれました。

音楽は少しこもった感じになるものの大音量を流せるので、部屋のBGMとしてはもちろん、多少騒がしいところでもスピーカーなしで使えます。

 スポンサーリンク

Lenovo Legion Y740レビュー
3Dゲームのみでなくクリエイティブにも使えるノートPCでした

今回は、LenovoのハイスペックノートPCである「Legion Y740」をレビューしました。

 

最後にLegion Y740の特徴をまとめると

     GOOD  

  • GeForce RTX 20シリーズMax-Q Design搭載で快適なゲームができる
  • G-SYNC対応の144Hz駆動ディスプレイでスムーズな映像
  • ハイスペックPCの中で比較的安い
  • LEDイルミネーションのカスタムが可能
  • 動画編集などゲーム以外にも使える

     BAD    

  • OSやキーボードが英語仕様
  • でかくて重いので持ち歩くのはしんどい
  • バッテリーもちが悪い

 

Legion Y740は、17インチという最大級のディスプレイのため機動性はありませんが、高画質はもちろん最高画質でも十分プレイできる性能を持っていて、3Dゲームだけでなく多用途に使えるノートPCでした。

スピーカーも良いので動画や音楽鑑賞にも向いていますし、動画編集などディープな用途にもしっかりと対応してくれます。しかも、最大3つのディスプレイを増設できるので、ノートPCの弱点である作業スペースが狭い問題も解消できますよ。

 

ということで、今回はLenovoのゲーミングノートPC「Legion Y740」のレビューをお送りしました。

それでは、また。
ディズ(@_MONOGREAT_)でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です