今日の amazon「タイムセール」はこちら!!      

A/B/X/Yを入れ替えられる?!Swichのプロコンの代わりになるコントローラー『GameSir G4 Pro』レビュー|有線/無線どちらも使えてPCやスマホでもOKだぞ!!

 

この記事では、GameSirのマルチワイヤレスフルコントローラー『GameSir G4 Pro』をレビューするぞ。

 

PS5では、コントローラーの決定ボタンが、なんと「〇」から「✕」に変更されているよな。

実は、海外では✔の意味もある「✕」が決定ボタンになっていて、もともと日本とは逆の配置だったんだ。APEXでは、すでに✕が決定ボタンとして使われていたりするしな。

今後は、もしかしたら Switch2 でもこの流れになるかもしれない。

 

機種によってボタン配置が変わるのは不便だなっと思っていたら、便利なコントローラーがGameSirから新発売されたぞ。

それがこちら。

「GameSir G4 Pro」

『GameSir G4 Pro』のパッケージ

 

G4 Proは、なんと A/B/X/Y ボタンを入れ替えられる変わったコントローラーだ。

ゲーム機によってボタン配置が変わって混乱するところ、これなら表示を変えられるので迷いにくくなるぞ。

しかも、有線(PCのみ) / 無線どちらも使えて、PC から Nintendo Switch、iOS、Android までマルチに対応。さらにGameSirのキーマッピングアプリGameSir Worldを使えば、どんなスマホゲームでも遊ぶことができる。

 

壊れやすいとのレビューが多い Switch のプロコンより2300円も安く手に入れられるのでコスパの良さも魅力だ。

 

ということで今回は、eスポーツでも使われるゲーミングデバイスを作るGameSirのワイヤレスコントローラー「GameSir G4 Pro」をレビューするぞ。

 

GameSirとは?

2010年に誕生した中国のゲーミングデバイスメーカーで、Apple、Gameloft、Nvidia、DJIなどの有名なブランドとパートナーとなり、eスポーツの世界で影響力を大きくしている有名な企業です。
PC周辺機器やスマホ関連の製品を数多く開発していて、今後の活躍に期待のメーカーである。

 

TOTAL

3.4/5.0

GameSir G4 Pro

『GameSir G4 Pro』のパッケージ2
  • 有線/無線で使える
  • A/B/X/Yの入れ替えが可能
  • マルチに活躍する
  • グリップが握りやすい
  • プロコンよりも2300円も安い
  • 6軸ジャイロがややピーキー
  • ボタン入力音が大きい
  • Switchとの接続に時間がかかる
  • ホルダーが弱い

4.0

操作性

2.5

操作音

5.0

グリップ感

4.0

対応端末

2.5

バッテリー

2.5

携帯性

PCやSwitch、スマホなどマルチに活躍し、A/B/X/Yの入れ替えができる珍しいマルチコントローラー。握りやすく操作感も良く、Switchのプロコンよりも安く仕上がっている。

※この記事は、メーカーのGameSir様から製品をご提供いただき作成しているが、遠慮なく欠点も含めてしっかりと書いていく。

マルチコントローラーGameSir G4 Proレビュー
デザインとスペック

さっそく「GameSir G4 Pro」を詳しく見ていこう。

『GameSir G4 Pro』のパッケージ2

 

パッケージは、シンプルなセット内容でGameSirのステッカー付。

セット内容
  • GameSir G4 Pro
  • 2.4GHz USBレシーバー
  • USB-Cケーブル(1m)
  • ホルダーアタッチメント
  • 説明書類
  • GameSirステッカー

 

「GameSir G4 Pro」は、以前紹介した「GameSir T4 Pro」の上位シリーズのような存在で、具体的な違いは以下のとおり。

  • 設定不要のスクリーンショットボタン搭載
  • レイアウト変更可能な「磁石のA/B/X/Yボタン」
  • 良質な材質によってグリップしやすい
  • 2.4GHzレシーバーが極小
  • 背面のマルチボタンはない
  • スマホホルダー付き

「GameSir T4 Pro」も良いコントローラーだが、「GameSir G4 Pro」はさらに使いやすさとグリップが向上したタイプだ。

 

「GameSir G4 Pro」スペック

項目スペック
接続方法有線:PC
2.4GHzレシーバー:PC/Android
Bluetooth:Android/iOS/Switch
入力方式PC:X-input
Android:HID-ゲームパッド
iOS:Apple Arcade、MFi
Switch:Bluetooth、ジャイロ
キーマッピング:G-touchモード
ABXYボタン磁気ボタン
スクリーンショットボタンPC / Android / Nintendo Switch
バッテリー容量800 mAh
充電方法Type-C USB 5V
使用時間12時間

デザイン

「GameSir G4 Pro」のボタン配置

ボタン配置はいわゆる「XBOX型」

手に持ってみると、ずっしりとして高級感がある。

 

重さは実測で256g。

Switch のプロコン246g や PS4 の DualShock4 220gよりも少し重いだが、持ってみた感じとしてはDualShock4よりも「GameSir G4 Pro」のほうが持ちやすく、手になじむ感じだった。

 

『GameSir G4 Pro』のグリップ

持ちやすさの秘密はグリップ部分。

T4 Proとは違って滑り止め素材が全面に使われているので、かなりホールドしやすい。

白熱したバトルでは、特に滑らないことが大事なポイントだ。

 

『GameSir G4 Pro』のアナログスティック

スティックの上部にも滑り止めのゴム加工がされている。押し込みボタン( L3 / R3 )にも対応してるので、純正品と同じように操作できる。

 

L2/R2ボタンは、強弱の判定がついたリニアトリガーボタン
これのおかげでレースゲームのアクセルやスポーツの微妙な操作ができる。
表面には金属メッキが施され、汗や腐食に対する耐性が高いぞ。

上部には充電用のUSB-Cポートがある。

 

十字キーは全部一体になったタイプで、角が丸くしてあるので指が痛くなりにくいのが嬉しい。

こういう細かい工夫って、使い勝手に直結する大事なポイントだよね。

 

『GameSir G4 Pro』のホルダー

中央部分は、上にあげるとスマホホルダーに。

しかし、プラスチック製で耐久性が心配なのと、ホールドが弱くケース有りだとギリギリでホールドしてるのが残念。

 

ホルダーアタッチメント

付属のアタッチメントを使えば、ガッチリとホールドされて見違えるほど安定するが、このままホルダーを閉じることはできない。

せっかくガッチリホールドできたのにーー。

 

『GameSir G4 Pro』のホルダー周り

ホルダーの下には、「ターボボタン」と「スクリーンショットボタン」が配置。

設定なしでスクリーンショットが撮れて、Switchならボタンを長押しすると、30秒間の動画撮影もできる。

 

左右の「G」「S」ボタンは、基本的にセレクトとスタートボタンと同じ役割。

その他にも振動の調整などコントローラーの調整が可能だ。

操作効果
S+十字キー上下PC, Androidでは制御システムの音量が可能である
S+十字キー左右 モーターの振動強度を調整する
G+十字キー上下LEDの光度を調整する

 

 

『GameSir G4 Pro』のUSBレシーバー

コントローラーの下には、2.4GHzUSBレシーバーが内蔵。
「GameSir T4 Pro」に比べると、かなり小さく、コントローラーに収納しておけるので、持ち歩く必要がないのは嬉しいところ。

 

A/B/X/Yボタンは、SwichのJoy-Conに比べると2倍の大きさ。

もうJoy-Conの小さいボタンとはおさらばだぞ。

 

『GameSir G4 Pro』のABXYボタン

A/B/X/Yボタンは、磁石で装着されているので、入れ替えて配置変えが可能だ。

ただし、これは見た目だけなので、ボタン機能の配置までは変えられない。次回作では操作位置まで変えられるようにしてほしいな。

 

GameSir G4 proの裏

裏面には、各ペアリングモードの起動方法が記載されているので、説明書を見なくてもペアリングできる。

この他にもキーマッピングできるG-touchモードがあって、G+ホームボタンで切り替えをしよう。

対応端末とゲーム

「GameSir G4 Pro」が対応しているのは、PC、Nintendo Switch、iOS、Androidの4種類。

PCのUSBポートに2.4GHzレシーバーをつなげれば、面倒な設定をせずに簡単に認識(X-input)してくれる。ちなみに、X-inputで認識されるのでおそらくXBOXでも使えると思うが、検証は出来ていない。

 

Nintendo Switchの場合は、コントローラーから本体の起動はできないが、一度ペアリングしておいたら次回から電源を入れれば自動で繋がってくれる。

 

そして、androidやiOSの場合だが、FORTNITEやアスファルト9のようなコントローラーに対応した一部のゲームや、AppleArcadeおよびMFiゲーム、クラウドゲーム、エミュレータなどで遊ぶことができる。

それぞれの対応ゲーム
iOS対応ゲーム
Apple Arcade対応ゲーム
Android端末の対応ゲーム
Android対応ゲーム

 

さらに、キーマッピングアプリ「GameSirWorld」を使えば、画面上のボタンを仮想タップできるぞ。

これなら、すべてのスマホゲームはもちろん、PS リモートプレイなども遊べるようになるな。

GameSirWorldの詳しい使い方はこちら

 

ペアリング方法

各端末によって以下の方法で「GameSir G4 Pro」をペアリングできる。

 

1.G+HOMEボタンを押し、ゲームパッドを起動し、各端末の操作方法で新規ペアリングする。

2.次回はGボタンなしでHOMEボタンだけでいいが、はじめからペアリングをやり直さなければならない。

1.USBレシーバーをPCのUSBポートに差し込む

2.X+HOMEボタンを押し、ゲームパッドを起動すれば接続完了。

3.次回PCと接続する際に、HOMEボタンを押すだけで自動接続になる。Xboxコントローラーとして認識される。

1.Switchホームから、 「コントローラー→持ち方/順番を変える」でペアリングインタフェースに入る。

2.Y+HOMEボタンを押して、ゲームパッドを起動

3.ゲームパッドがSwitch/Switch Liteに自動でペアリングする

4.次回Switch/Switch Liteに接続する際に、HOMEボタンを押すだけで自動接続になる。

1.A+HOMEボタンを押して、ゲームパッドを起動する。

2.スマホのBluetoothをオンにして、「新しいデバイスとペア設定する」から「GameSir T4 Pro」を検索し、クリックしてペアリングすればペアリング完了。

3.次回接続する際には、Aボタンは不要だがはじめからやり直しが必要。

1.B+HOMEボタンを押して、ゲームパッドを起動する。

2.MacのBluetoothをオンにして、「GameSir G4 Pro」を検索し、クリックしてペアリングする。

3.次回接続する際に、HOMEボタンを押すだけで自動接続になる。

 

created by Rinker
GameSir
¥5,299 (2021/03/02 08:22:40時点 Amazon調べ-詳細)

 

 スポンサーリンク

マルチコントローラーGameSir G4 Proレビュー
コントローラーの操作性をテスト

各ボタンの操作性をチェックしてみよう。

アナログスティックの性能

アナログスティックは、今やコントローラーの最重要な操作部分で、モノによっては精度が大きく違っているので、操作感が変わってしまうこともある。

 

そこで、コントローラーのチェックアプリを使って渦巻を書くテストをしてみよう。

「Gamepad Tester」というアプリを使って、渦巻きを書くことで斜めの精度や飛びの有無など「アナログスティックの精度」をテストする。なめらかで綺麗な渦巻ができるほど、正確な操作ができたことになる。

その結果がこちら。

操作範囲はDualShock4よりも広く、なかなか細かな曲線をかけている。ななめ入力は合格点というところ。中心付近までしっかりと入力することができたので微妙な調整も可能。中心点のズレもなく戻りがいいので、キャラが勝手に歩くなんてことはありない。

ただ、中心付近でわずかに横ブレのような飛びがあったので、少し崩れているが、この程度のブレであればプレイにはほとんど影響はないと思う。
全体的にかなり細かく操作することができたので、性能としては申し分ないね。

 

ちなみにDualShock4の結果がこちら。さすがPS、中心付近でもブレずに素晴らしい精度だ。

PS4テスト

 

各ボタンの性能

その他のボタンの性能もチェック。

「ゴーストキー」
これは、あるボタンの組み合わせによって、違うボタンが押されたと認識されてしまう現象のことで、PCのキーボードで使われる。一部のコントローラーでは、ゴーストキーがある場合もあるので注意が必要だ。

とはいえ、GameSirだからね。
いろんな組み合わせで確認してみたが、どのボタンの組み合わせも問題なく使えた。

 


「複数ボタンの同時押し」

すべてのボタンを同時に押してもしっかりと認識された。同時入力に制限はかかってないようだ。

 

「ボタンの操作音」

これはボタンによっては、結構大きめで周りが静かだとうるさくなってしまう。まずは操作時の動画をどうぞ。

GameSir G4 Proのボタン音

 

音の大きい順に並べると以下の感じ。

めっちゃカチカチ音 L1/R1 > A/B/X/Y/LR3 >> 十字キー > G/S/LR2 (無音)

特にLRが大きくて、次にA/B/X/Yボタン。
どれもよく使うボタンなだけにもっと静音仕様にしてほしかった。

 

 スポンサーリンク

マルチコントローラーGameSir G4 Proレビュー
Switchで使ってみた

さて、一通りチェックできたので、実際に Switch につないで「マリオカート8」でジャイロ操作などを試してみた。

 

Switchとの接続。

初回ペアリング設定をするが、なかなか認識されず、しばらく待つ必要があった。しかも、Switchの設定が終わったあとにSwitch以外と繋いだ場合は、はじめから設定し直さないといけないので、頻繁に切り替える使い方だと面倒に感じると思う。

 

実際の操作感だが、Joy-Conに比べると全然操作感が違ってやりやすい!!

やっぱりJoy-Conの小さいボタンをチマチマ操作するのとはわけが違うな。握りやすいし、アナログスティックや各ボタンの操作感もバッチリだ。

ただし、ジャイロ操作が純正のコントローラーでの操作に比べると、やや感度が高く細かな調整がしにくく感じた。ゲーム側で調整できたらいいのだが、ジャイロ操作が主なゲームだと、これまでと操作感が変わる恐れがある。

 

GameSir G4 Proレビュー
握りやすく精度も十分なコントローラーだ

『GameSir G4 Pro』

それでは最後に「GameSir G4 Pro」の使用感をまとめよう。

 

GameSir G4 Proの良いところ
  • 有線でも無線でも使える
  • A/B/X/Yのボタンを入れ替えることができる
  • マルチに使える(キーマッピングも使える)
  • グリップが握りやすくて各ボタンの操作性もいい
  • スクリーンショットやターボ機能がある
  • Swichのプロコンよりも2300円も安い

GameSir G4 Proの気になったところ
  • ジャイロ操作がややピーキー
  • Switchとのペアリングには時間がかかる
  • ボタン音が大きい
  • ホルダーが弱い

 

「GameSir G4 Pro」は、PC、Nintendo Switch、スマホと、これ一つでマルチに使えるコントローラーで、グリップには滑りにくい素材が使われていて握りやすく高級感すらある。

最近のゲームでは欠かせない L2/R2の強弱判定6軸ジャイロスコープ を搭載し、ターボ機能まである。PCでは有線/無線接続が可能で、USBレシーバーも小さくて邪魔にならない。操作感としても申し分なく十分に精密なコントロールが可能だ。

そして、最大の特徴であるA/B/X/Yのボタンの入れ替えによって、プレイするハードに合わせた配置にできる。

 

6軸ジャイロがややピーキーなのが気になるところだが、純正のSwitchのプロコンよりも2300円も安く手に入れることができるのでコスパも良いだろう。

 

また、さらにコスパを求めるなら、ぼくが以前レビューした「GameSir T4 Pro」もおすすめだぞ。グリップと高級感がなくなるが、マクロキーが4つあるし、ジャイロはこちらのほうが正確で、素晴らしい操作性を持ったコントローラーだった。

created by Rinker
GameSir
¥3,999 (2021/03/02 08:17:24時点 Amazon調べ-詳細)

 

ということで今回は、A/B/X/Yのボタンを入れ替えられる変わったマルチコントローラー「GameSir G4 Pro」をレビューしたぞ。
Switchのプロコンをお探しなら、ぜひ一度チェックしてみてほしい。

 

それでは今回は以上。ディズ(@_MONOGREAT_)でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です